バストケアの専門サイト

バストの悩み

胸のエイジングサインとは?早めに始めたいバストのエイジングケア

By 三上 礼

加齢に伴うバストの変化に悩む女性は多いのではないでしょうか。バストは加齢によって垂れたりします。今回はそんな加齢によるバストの変化に悩む女性に向けて、バストのエイジングケアについてご紹介をしていきます。

バストは加齢によって変化する

胸をチェックしている女性

年齢を重ねるにつれて、バストの大きさで悩んでいる女性は多いのではないでしょうか。バストの大きさは、どうしても加齢によって変化してしまいます。

自分の胸が加齢によって変化しているかどうかは、これからご紹介するエイジングサインを確認してみてください。

バストのエイジングサイン

バストを押さえる女性

まずは、バストのエイジングサインについてご紹介をします。加齢に伴ったバストには、エイジングのサインがいくつかあります。

バストのエイジングサインは、

・上胸のボリュームが落ちてしまう
・乳頭が下向きになる
・バスト全体が下がってしまう
・背中のたるみ感
・バストのハリ感がなくなる

の5つが考えられます。それぞれ詳しく解説していきます。

バストのエイジングサイン▶︎上胸のボリュームが落ちてしまう

バストのエイジングサイン1つ目は、上胸のボリュームが落ちてしまうことです。

年齢を重ねると、デコルテと呼ばれる胸の上部のボリュームがなくなっていきます。そげた形になって、垂れ乳のような形になってしまいます。

これは、筋肉の衰えや女性ホルモンの分泌量の低下によるものなどが影響しています。

バストのエイジングサイン▶︎乳頭が下向きになる

バストのエイジングサイン2つ目は、乳頭が下向きになることです。

垂れ乳のようなそげた胸から年齢を重ねていくと、乳頭が徐々に下向きになってきます。バストの下部もたわむようになり、乳頭が下に向いてしまうようになるのです。

加齢に伴うバストは、ほとんど元通りにするのは難しいと言われています。早いと20代の女性でも、乳頭が下向きになる人や予備軍が増えると言われています。

バストのエイジングサイン▶︎バスト全体が下がってしまう

バストのエイジングサイン3つ目は、バスト全体が下がってしまうことです。

乳頭が下向きになった後は、バスト全体が下がっていく一方です。この段階になると、バストは横に流れていったり、下に流れていき、広範囲の下垂が起こってしまいます。

年齢的には50〜60代が目安とされていますが、生活習慣や日々のエイジングケアを怠っていると、50代よりも若くバスト全体が下がっていく方もいます。

バストのエイジングサイン▶︎背中のたるみ感

バストのエイジングサイン4つ目は、背中のたるみ感です。胸の形や大きさ以外に背中のたるみ感があります。

加齢を重ねると、胸の脂肪は横や下に流れていき、背中に贅肉がつきやすくなります。背中の贅肉が増えてきたら、胸の脂肪が流れていっているなと理解することができます。

毎日自分の体を見ていますが、体の変化にはなかなか気づかないものです。背中は特にわかりにくいので、お風呂などのタイミングで意識的にチェックをする必要があります。

バストのエイジングサイン▶︎バストのハリ感がなくなる

バストのエイジングサイン5つ目は、バストのハリ感がなくなることです。

バストを触ってみて、前よりもバストのハリ感がなくなってきたら、エイジングのサインかもしれません。加齢とともに女性ホルモンの分泌が少なくなることで、胸の脂肪は減ってしまい、結果としてバストのハリ感が失われていきます。

バストが加齢によって変化する原因とは?

胸を押さえる女性

次に、バストが加齢によって変化する原因についてご紹介します。

バストが加齢によって変化する原因は、

・ホルモンバランス
・クーパー靭帯がダメージを受ける
・バストを支える力が弱くなる

の3つです。それぞれ詳しく解説をしていきます。

バストが加齢によって変化する原因▶︎ホルモンバランス

バストが加齢によって変化する原因1つ目は、ホルモンバランスです。

そもそもバストが大きくなるには、

①女性ホルモンが正常に分泌される
②血流を通して女性ホルモンが胸に運ばれる
③乳腺が発達して脂肪が蓄積される
④バストが大きくなる

の4つのステップがあります。

そのためまずは、女性ホルモンが正常に分泌される必要があります。
しかし年齢を重ねると、女性ホルモンの分泌が少なくなってしまう傾向にあり、ホルモンバンラスが乱れてしまいます。そうすると、乳腺を発達させることが難しくなり、バストが小さくなってしまうのです。

バストが加齢によって変化する原因▶︎クーパー靭帯がダメージを受ける

バストが加齢によって変化する原因2つ目は、クーパー靭帯がダメージを受けるです。

まずクーパー靭帯とは、バスト全体を支えている大胸筋をサポートしている器官のことを指します。バストの形や大きさが変化するのは、クーパー靭帯が伸びたり切れたりといったダメージを受ける場合です。

加齢によってクーパー靭帯がダメージを受ける場合は、

・重力
・筋肉の衰え
・日々のエイジングケアの怠り

などが挙げられます。

加齢による大きなダメージが起きる原因には、筋肉の衰えです。また、日々のエイジングケアを怠ってしまうと、加齢によるバスト変化はなかなか元通りにさせるのは難しいので、そのままバストが老化してしまうのです。

バストが加齢によって変化する原因▶︎バストを支える力が弱くなる

バストが加齢によって変化する原因3つ目は、バストを支える力が弱くなるです。

年齢を重ねると、筋肉が衰えていくために、バストを支える力が弱くなります。また、重力などによっても長年さらされていると、どうしてもバストにかかる負荷が蓄積されていき、バストが垂れてしまうことになります。

加齢にともない、胸の脂肪は減少していく傾向にありますが、それよりも筋肉の衰えの方が進行してしまうので、バストを支える力が弱くなり、下垂の原因などに繋がっていきます。

バストのエイジングケア

胸を触る女性

最後に、バストのエイジングケアについてご紹介をします。

バストのエイジングケアには、

・良質な睡眠習慣を心がける
・マッサージをする
・筋トレをする
・バストアップブラを着用する
・ナイトブラを着用する

の5つです。それぞれ詳しく解説をしていきます。

バストのエイジングケア▶︎良質な睡眠習慣を心がける

バストのエイジングケア1つ目は、良質な睡眠習慣を心がけることです。睡眠は年齢に関係なく、非常に大切です。

良質な睡眠習慣には、

・毎日6〜8時間程度しっかり寝る
・美のゴールデンタイムである夜22時〜深夜2時は寝る
・就寝前は電子機器に触れない、見ない

の3つのポイントがあります。

健康な人の睡眠の目安時間は、およそ6〜8時間だと言われています。睡眠不足に陥ってしまうと、ホルモンバランスが乱れてしまい、乳腺の発達をうまく促進することができなくなります。

また、美のゴールデンタイムは、女性ホルモンが最も分泌される時間帯ですので、必ず熟睡できるような環境を作ることが非常に大切です。その一貫として、就寝前は電子機器に触れない、見ないことです。特にスマホが完全にNGです。

スマホから発せられるブルーライトは、人間の体内リズムを最大24時間狂わせると言われているので、睡眠前に見てしまうと、睡眠の質が低下してしまいます。

バストのエイジングケア▶︎マッサージをする

バストのエイジングケア2つ目は、マッサージをすることです。バストマッサージは、リンパの流れや血行改善を促してくれます。

リンパの流れや血行を改善することで、以下のような効果があります。

<バストマッサージの効果>
・下垂れの改善
・離れ乳の改善
・そげ乳の改善
・肩こりのケア

ただしマッサージをする時には肌を傷つけてしまわないよう、クリームなどを塗って行うのが良いでしょう。

バストのエイジングケア▶︎筋トレをする

バストのエイジングケア3つ目は、筋トレをするです。バストをしっかり支える土台を作るために、筋トレをすることをおすすめします。

筋トレで鍛える部位は、バスト全体を支えている大胸筋と呼ばれる部位です。大胸筋をしっかり鍛えることで、加齢に伴う下垂を防ぐことができます。

おすすめの筋トレメニューは以下の通りです。

<おすすめの筋トレメニュー>
・体幹トレーニング
・バランスボールを活用したトレーニング
・ダンベルを活用したトレーニング

道具を使わずに簡単に行いたい方は、体幹トレーニングがおすすめです。道具を使って効果的に筋トレをしたい人は、バランスボールやダンベルなどを活用すると良いでしょう。

バストのエイジングケア▶︎バストアップブラを着用する

バストのエイジングケア4つ目は、バストアップブラを着用することです。バストの大きさを維持したり大きくしたい人は、バストアップブラを着用するようにしましょう。

バストアップブラを着用すると、

・重力から守る
・綺麗な胸の形をキープ
・脇や背中の贅肉を胸の脂肪に移動

といった効果があります。

バストアップブラには様々なホールド方法があり、重力による下垂を防いでくれます。バストアップブラを選ぶポイントは以下の通りです。

<バストアップブラを選ぶポイント>
・バストサイズを測る
・ホールド方法から選ぶ
・色やデザインは自分の好みで

ブラを購入する前は必ず、バストサイズを測ることをおすすめします。自分のバストサイズと合わないブラは、どうしても下垂などの原因に繋がります。

また、バストアップブラは色やデザインなどバリエーションが豊富なので、おしゃれをして楽しみながらバストアップに繋がるところがポイントです。

バストのエイジングケア▶︎ナイトブラを着用する

バストのエイジングケア5つ目は、ナイトブラを着用することです。
就寝時にナイトブラを着用していますか?

ナイトブラの効果には、

・脂肪の横流れを防いでくれる
・寝ている間にバストアップができる
・快眠ができる

の3つがあります。

ナイトブラを選ぶポイントは以下の通りです。

<ナイトブラを選ぶポイント>
・適度な締め付け感
・色やデザインよりも機能性重視
・続けられる価格のもの

ナイトブラは手軽にできるおすすめのバストアップ方法ですが、単発では意味がありません。
継続して行うことが大切なので、無理のない価格帯のものを選んで、毎日着用することを習慣にしましょう。


今回はバストのエイジングケアについてご紹介しました。加齢に伴うバストの変化は女性にとって大きな悩みです。今回は、バストのエイジングケアを原因から紐付けて解説をしました。エイジングケアは20代のうちから早めに実践することが大切です。バストアップブラやナイトブラなどの育乳アイテムもあるので、ぜひこの機会にエイジングケアを始めてみませんか?