バストケアの専門サイト

バストの悩み

バストのハリをキープ!老け胸の原因や若々しい美乳を保つ方法は?

By 深井麻実

30代頃になると、バストにハリがなくなり、老け胸を実感する人が珍しくありません。ここでは、バストにハリがなくなる原因や若々しいバストをキープする方法、バストのハリをアップする方法などについてご紹介します。

「老け胸」が気になる!

バストをチェックする女性

10代や20代の間はバストがピンと張って上を向いた人も30代になると、胸が下垂したり、ハリがなくなったりして「老け胸」を実感することが多いです。老け胸とは、どんな胸のことなのでしょうか。

老け胸チェックリスト

✓バストトップの高さが肩と肘の中間よりも下にある
✓バスタオルを巻いてもすぐにずり落ちる
✓脇肉がブラジャーからはみ出している
✓胸を触ると、ふにゃふにゃで弾力がない
✓ブラジャーの跡が長時間残る

5つのチェックポイントのうち、1つでも該当するものがあった人は老け胸に注意が必要。老け胸が進行して手遅れにならないうちに、理想のバストに近づける対策をしなければなりません。

理想のバストとは?

理想のバストは鎖骨の中心のくぼみと左右のバストトップを結んだ時に正三角形ができると言われています。反対に、左右のバストトップを結ぶ線よりも鎖骨からバストトップを結ぶ線の方が長い二等辺三角形ができれば、胸が下垂している可能性が高いです。

ハリがなくなって老け胸になる原因は?

考えている女性

バストにハリがなくなり、老け胸になってしまう原因は何なのでしょうか。

胸にハリがなくなる原因①大胸筋の衰え

加齢とともに大胸筋が衰えると、バストにハリがなくなり、下垂が目立ちます。

■大胸筋とは?
左右の胸の下にある大きい筋肉のこと。バストを支える土台になっているため、大胸筋が正常に働いていると、ハリのある若々しいバストをキープできます。

■大胸筋の衰えが胸にもたらす影響
大胸筋が衰えると、胸が支えられなくなります。すると、バストは重力に負けて、下に引っ張られ、胸の下垂が起こるのです。

また、大胸筋が衰えて筋肉量が減れば、胸の厚みもなくなります。胸に厚みがなくなれば、バストがボリュームダウンしたように感じることが多いです。

■大胸筋が衰える原因
大胸筋が衰える主な原因は運動不足と加齢です。そのため、日常的に運動していない人は年齢とともにバストにハリがなくなって老け胸になりやすいと考えられています。

また、スマホやパソコンのしすぎで猫背になっている人も大胸筋が衰えやすいです。猫背になると、大胸筋に力が入らないため、少しずつ筋力が低下し、筋肉量も減っていきます。

胸にハリがなくなる原因②クーパー靭帯へのダメージ

バストには、クーパー靭帯と呼ばれるコラーゲンを主成分とした組織が存在します。クーパー靭帯は乳腺や脂肪を支える役割を担っていて、バストを吊り上げたり、胸に丸みを作ったりしています。

クーパー靭帯は多少の伸縮性を持ちますが、筋のように伸びたり、縮んだりはしません。そのため、何らかの原因でクーパー靭帯が無理やり伸ばされてしまうと、ダメージを受けたり、切れたりして、バストが下垂したり、丸みがなくなったりするのです。

なお、一度伸びたり、切れたりしたクーパー靭帯は再生しません。そのため、若々しいバストを保つためには、クーパー靭帯を守ることが大切です。

■クーパー靭帯が伸びたり、切れたりする原因
クーパー靭帯はバストが揺れたり、圧迫されたりした時にダメージを受けます。よって、フィットするブラジャーでしっかりと胸を支えていなければ、胸にハリがなくなり、バストが下垂することが多いです。

また、クーパー靭帯は加齢とともに弱くなるとも考えられています。したがって、年齢を重ねた人はバストが垂れやすいです。

胸にハリがなくなる原因③コラーゲン不足

コラーゲンはクーパー靭帯を作ったり、肌のハリを守ったりする成分です。そのため、ハリのある若々しいバストをキープするためには、コラーゲンを欠かせません。ところが、コラーゲンはさまざまな原因で不足します。

コラーゲンが不足すると、クーパー靭帯が弱くなり、肌のハリが低下して、老け胸が目立つでしょう。

■コラーゲンが不足する原因
コラーゲン不足の主な原因は加齢です。年齢を重ねて代謝が下がると、コラーゲンの合成が正常に行われず、コラーゲンが不足してバストにハリがなくなります。

胸にハリがなくなる原因④栄養不足

コラーゲンや筋肉を作るタンパク質が不足すると、胸のハリや弾力をキープできません。また、バストの大部分は脂肪でできているため、栄養不足で脂肪の燃焼が促進されると、バストにボリュームや弾力がなくなります。

■栄養不足の原因
無理なダイエットをしていたり、一日3食をバランス良く摂っていなかったりすると、栄養不足になりやすいです。

胸にハリがなくなる原因⑤ホルモンバランスの乱れ

女性らしい体を作るエストロゲンやプロゲステロンなどの女性ホルモンのバランスが乱れると、バストにハリがなくなり、胸がしぼむと考えられています。

■ホルモンバランスが乱れる原因
ホルモンバランスは加齢や不規則な生活、ストレスなどの影響を受けて乱れます。ホルモンバランスが乱れれば、胸にハリがなくなるだけでなく、肌の老化が進んだり、髪のツヤがなくなったりすることも多いです。

若々しいバストをキープする方法

バストがきれいな女性

胸にハリがなくなると、老けたり、バストがボリュームダウンして見えたりします。何も対策しなければ、加齢とともに大胸筋やクーパー靭帯が衰え、バストのハリがなくなるため、いつまでも若々しいバストをキープしたい人は次の方法を試しましょう。

若々しいバストをキープする方法①ブラジャーの選び方や使い方を見直す

若々しいバストを保つためには、ブラジャーで胸を守ることが大切です。

■体に合ったブラジャーを選ぶ
体に合わないブラジャーは胸の老化を進行させます。例えば、小さすぎるブラジャーを使っていると、バストが締め付けられて栄養が行き渡らずにハリがなくなったり、脂肪が脇や背中に流れたりする可能性が高いです。

反対に、大きすぎるブラジャーを使っていると、しっかりと胸を支えられません。ブラジャーの中でバストが揺れると、クーパー靭帯がダメージを受けて、胸が下垂することが多いです。

いつまでもボリュームやハリのある美バストを保ちたい人は体に合ったブラジャーを選んでしっかりとバストを守りましょう。

■体に合ったブラジャーの選び方
体に合ったブラジャーは次のポイントをチェックして選びましょう。

✓カップとバストの間に隙間がない
✓カップから脂肪がはみ出さない
✓ワイヤーが胸に食い込まない
✓バストトップを理想の位置に保てる
✓肩紐が落ちない

■正しい方法でブラジャーを使う
体に合うブラジャーを選んでも、正しい方法でブラジャーを使っていなければ、バストの脂肪が脇や背中に流れたり、胸が揺れたりします。ハリのあるバストをキープしたい人は正しいブラジャーの着け方も確認しておきましょう。

■正しいブラジャーの着け方
1.前かがみになって肩紐を通す
2.ワイヤーとバージスラインを合わせる
3.ホックを留める
4.カップの上部から手を入れて、脇や背中の脂肪を集める
5.体を起こして肩紐の長さを調節する

若々しいバストをキープする方法②生活習慣を改善する

若々しいバストをキープするためには、生活習慣の改善も必要です。

■睡眠不足を予防する
睡眠不足になると、ホルモンバランスが乱れてバストのハリが低下します。

■姿勢を正す
猫背になっていると、大胸筋が使われないため、胸の下垂が進行しやすいです。また、姿勢が丸まっていると、血行が妨げられてバストを作る細胞に十分な栄養が届かないため、肌にハリがなくなったり、胸がしぼんだりすることもあります。

■ストレスを発散する
ストレスが溜まっていると、ホルモンバランスが乱れたり、血行が悪くなったりします。

若々しいバストをキープする方法③食生活を見直す

若々しいバストを保つためには、バストに栄養を与えることも大切です。いつまでもハリのある美バストをキープしたい人は無理なダイエットや偏食を避けてバストに栄養を送りましょう。

■バストに良い栄養素も積極的に摂取しよう
女性ホルモンの働きを助けると言われる大豆イソフラボンやボロンは胸の老化の予防に役立ちます。また、若々しいバストをキープしたい人はコラーゲンや筋肉を作るタンパク質も積極的に摂取すると良いでしょう。

・大豆イソフラボンを含む食材
大豆、きな粉、豆乳、豆腐、油揚げ、味噌など

・ボロンを含む食材
キャベツ、海藻、アーモンドなど

・タンパク質を含む食材
ささみ、卵、乳製品など

バストのハリがなくなった時の対処法

指をさす女性

体に合ったブラジャーを正しい方法で使ったり、生活習慣や食生活を見直したりしても、バストのハリが失われてしまうことは珍しくありません。バストのハリがなくなってきた時は、ハリをアップさせる筋トレやマッサージなどを試してみましょう。

バストのハリをアップさせる筋トレ

バストのハリがなくなってきた時は大胸筋を鍛えましょう。胸の土台である大胸筋を鍛えれば、バストの下垂を予防できます。

■大胸筋の鍛え方
1.胸の前で合掌します。
2.脇を開きます。
3.胸の前で両手を押し合います。
4.10秒間キープします。
5.1日3セット行います。

大胸筋を鍛えれば、胸に厚みが出るため、バストが大きくなったように感じられるでしょう。

バストのハリをアップさせるマッサージ

バストマッサージする女性

バストの周りをマッサージすると、血行が良くなり、胸を作る細胞まで栄養が行き渡ります。栄養が行き渡れば、胸にハリが出て、老け胸の改善を目指せるでしょう。

■バストマッサージの方法
1.鎖骨の中心から肋骨までを両手で交互にさすります。
2.胸の下に手を置き、持ち上げるようにしてさすります。
3.右胸の上に左手、下に右手を置きます。
4.左手を脇に、右手を谷間に向かって同時に動かします。

バストマッサージは体が温まっている時に行うのがおすすめ。お風呂上りのバストマッサージを習慣化すると、バストのハリがアップするでしょう。

バストのハリをアップさせるには保湿も重要

胸が乾燥すると、ターンオーバー(細胞の生まれ変わり)のリズムが遅くなって、胸が老化し、ハリがなくなります。バストをアップさせたい人は胸も顔や手足と同じように保湿して、乾燥を予防しましょう。

乾燥を防ぎたい時はコラーゲンやヒアルロン酸、セラミドなどの保湿成分が配合されたクリームを使うのがおすすめです。

バストのハリ不足が気になる人には「ふんわりルームブラ」がおすすめ♪


睡眠中は胸が重力に負けて下垂したり、胸が潰されてクーパー靭帯が伸びたりしやすいです。そのため、バストのハリを守りたい人は睡眠中もしっかりと胸を支えてくれるナイトブラの使用も欠かせません。


最近はさまざまなメーカーからナイトブラが出ていますが、ハリのある若々しいバストを保ちたい人には「ふんわりルームブラ」がおすすめです。

ふんわりルームブラがおすすめの理由

■胸を持ち上げて睡眠中も美バストをキープする
独自構造で胸を持ち上げて、睡眠中も美バストを保ちます。夜間もバストを下から持ち上げていると、下垂の気にならない若々しい胸を保てるでしょう。

■バストを守る
下厚パッドがバストを包み込んで守ります。バストが守られると、クーパー靭帯が傷つきにくいため、バストが下垂しにくいです。

■バストに良い成分を配合している
ふんわりルームブラには、体の巡りを良くするチタンと代謝をサポートするゲルマニウムが配合されています。体の巡りや代謝が良くなれば、バストに栄養が届いて、老け胸を予防できるでしょう。

ふんわりルームブラはまとめ買いがオトク

ハリを守りたいなら、毎日ふんわりルームブラでバストケアするのが大切。公式サイトでまとめ買いすると、割引が適用されるため、お得にバストをケアできます。

・単品購入:3,980円(税抜)
・2枚セット:7,562円(税抜)
・3枚セット:10,746円(税抜)

ふんわりルームブラ

¥4,298

販売サイトをチェック

老け胸を防ぐためには、早めの対策が大切。いつまでもハリのある美バストをキープしたい人はブラジャーの使い方を見直したり、生活習慣や食生活を改善したりして、胸の状態を整えましょう。