バストケアの専門サイト

バストの悩み

あなたのブラ大丈夫?真ん中の隙間や上下のパカパカの原因と対処法

By 深井麻実

「ブラの真ん中に隙間ができる」「カップの上や下がパカパカする」などと体に合わないブラが原因で起こる問題に困っている女性は多くいます。ここでは、ブラに関わる問題の原因と対処法やブラのサイズの正しい測り方などについてご紹介します。

胸に合わないブラを使っていませんか?

ブラを着けている女性

体に合わないブラを着用している女性は意外と多いそう。合わないブラを着用していると、不快感を覚えたり、動きにくいと感じたりするだけでなく、胸の下垂やボリュームダウンに繋がることもあります。

いつまでも美バストをキープしたい人は体に合ったブラ選びを心がけましょう。

不快感があるなら要チェック!ぴったりブラ診断

チェックリスト

ブラが胸に合っているかを確認したい時は下記の5つのポイントを見てみましょう。

■①真ん中

✓隙間ができない
✓着用中に食い込んだり、浮いたりしてこない

■②カップ
✓上部がパカパカしない
✓上部がバストに食い込まない
✓下部がスカスカでない

■③アンダーバスト
✓全体が上がってこない
✓バック部分が上がってこない
✓苦しくない

■④ストラップ
✓肩に食い込まない
✓着用中にずり落ちない

■⑤バージスライン
✓ワイヤーが食い込まない

隙間や食い込みを解消!ブラの問題対処法

ブラを着用している女性

ブラ診断で体に合わないブラをしていると分かった人は、快適にブラを使ったり、美バストをキープしたりするために対処しましょう。

ブラの問題対処法①真ん中

カップとカップの間にあるブラの真ん中は「前中心」と呼ばれる部分。ここが体に合っていないと、隙間ができたり、食い込んだりします。

■真ん中に隙間ができる原因と対処法
<原因>
・アンダーバストが大きい
アンダーバストが体よりも大きければ、前中心が体にフィットせず、隙間ができます。

・カップサイズが小さい
胸と比べてカップサイズが小さいと、胸全体がブラを持ち上げるので、前中心が浮いてきます。

・バージスラインが合っていない
バストとおなかの境界線(バージスライン)に比べて、ワイヤーの幅が狭い時も真ん中に隙間ができます。

<対処法>
・アンダーバストのサイズを下げる
・カップサイズを上げる
・ワイヤーの幅が広いブラを探す

■真ん中が食い込む原因と対処法
<原因>
・バージスラインが合っていない
ワイヤーの幅がバージスラインよりも狭いと、ブラの真ん中に圧力がかかって食い込みます。

・カップサイズが大きい
胸よりもカップサイズが大きいと、前中心が高くなって食い込みやすくなります。

<対処法>
・ワイヤーの幅が広いブラを探す
・カップサイズを下げる

ブラの問題対処法②カップ

バストの脂肪を収めるカップ部分が合っていないと、ブラをしていても胸を支えられなかったり、胸が潰されたりします。

■上部がパカパカする原因と対処法
<原因>
・カップサイズが合っていない
胸よりもブラのカップサイズが大きいと、隙間ができます。反対に、胸よりもカップサイズが小さいと、脂肪がブラに乗ってブラの上部がパカパカします。

・アンダーバストが大きい
ブラのアンダーバストが体よりも大きいと、上部に隙間ができます。

・バージスラインが合っていない
ワイヤーの幅とバージスライン合っていなければ、ブラの中で脂肪が支えられず、カップと胸の間に隙間ができます。

・ストラップが緩い
ストラップの調整が緩い時は、ブラが持ち上げられず、カップの上部がパカパカします。

<対処法>
・カップサイズやアンダーバストを測り直す
・バージスラインに合うブラを探す
・ストラップをきつめに調整する

■上部がバストに食い込む原因と対処法
<原因>
・カップサイズが小さい
胸よりもカップサイズが小さいブラを使っていると、脂肪がカップから溢れます。

・アンダーバストが小さい
カップサイズが合っていてもアンダーバストが小さければ、ブラがバストに食い込みます。

・ストラップの調整がきつい
ストラップがきついとカップが持ち上げられすぎて、ブラが胸に食い込みます。

<対処法>
・カップサイズやアンダーバストを測り直す
・ストラップを緩める

■下部がスカスカになる原因と対処法
<原因>
・バージスラインが合っていない
ワイヤーの幅がバージスラインよりも狭いと、脂肪がカップにきちんと収まらず、下部がスカスカになりやすいです。

・ブラの着用位置が低い
ブラを適切な位置よりも低い部分に着けていると、バストがカップに収まりきらず、下部に隙間ができます。

<対処法>
・ワイヤーの幅が広めのブラを探す
・適当な位置でブラを着用する

ブラの問題対処法③アンダーバスト

アンダーバストが合っていなければ、ブラから胸が溢れたり、ブラの中でバストが動いたりします。

■全体が上がってくる原因と対処法
<原因>
・アンダーバストが大きい
体に比べてブラのアンダーバストが大きいと、アンダーバスト全体が上がってきます。

・ストラップの調整がきつい
ストラップの調整がきついと、ブラが上に引っ張られて全体が上がります。

<対処法>
・アンダーバストを小さくする
・ストラップを緩めに調整する

■バック部分が上がってくる原因と対処法
<原因>
・アンダーバストが大きい
アンダーバストが大きいと、バック部分だけが上がることもあります。

・カップサイズが小さい
カップサイズが小さいと、胸が十分に支えられず、重力で下垂したバストがブラのフロント部分を下に引っ張ります。フロント部分が下がれば、それに伴ってバック部分が上がることが多いです。

<対処法>
・アンダーバストとカップサイズを測り直す

■アンダーバストが苦しい原因と対処法
<原因>
・アンダーバストが小さい
アンダーバストが小さいと、ブラが体に食い込んで苦しいです。

・カップサイズが小さい
カップサイズが小さいと、アンダーバスト部分も苦しく感じます。

・ブラの着用位置が低い
ブラの着用位置が低いと、胃などが圧迫されて苦しいです。

<対処法>
・アンダーバストやカップサイズを測り直す
・適当な位置でブラを着用する

ブラの問題対処法④ストラップ

ブラを着用している女性

ストラップが体に合っていなければ、胸を支えられなかったり、肩こりになったりする可能性があります。

■肩に食い込む原因と対処法
<原因>
・ストラップが細い
ストラップが細すぎると、バストのボリュームに引っ張られて肩に食い込みます。

・カップサイズが小さい
カップサイズが小さいと、ブラがバストを支えきれず、ストラップに負担がかかります。

・ストラップの調整がきつい
ストラップを短くしていると、肩に食い込みやすいです。

<対処法>
・ストラップが太いブラを探す
・カップサイズを上げる
・ストラップの調整を緩くする

■ずり落ちる原因と対処法
<原因>
・アンダーバストが大きい
アンダーバストが大きいと、ストラップが適正な位置で固定できません。ストラップが肩の方に寄ると、滑ってずり落ちやすいです。

・ストラップの調整が緩い
ストラップの調整が緩いと、肩からずり落ちます。

・バストのサイズに左右差がある
バストのサイズが左右で違う場合、大きい方のバストがブラを引っ張るため、ストラップが肩に寄ってずり落ちやすくなります。

<対処法>
・アンダーバストを小さくする
・ストラップの調整をきつくする
・バストの大きさが違う時は小さい方にパッドを入れる

ブラの問題対処法⑤バージスライン

サイズが合っているブラでも、ワイヤーの幅がバージスラインに合っていなければ、不快感を覚えることが多いです。

■ワイヤーが胸に食い込む原因と対処法
<原因>
・ワイヤーの幅が広い
ワイヤーの幅がバージスラインよりも広かったり、高かったりすると、胸に食い込んで痛みを感じやすいです。

・ワイヤーの幅が狭い
ワイヤーの幅が狭いと、溢れた脂肪にワイヤーが食い込みます。

<対処法>
・バージスラインとワイヤーの幅が合ったブラを探す

ブラのサイズの正しい測り方

ブラを着用している女性

体に合うブラが欲しい時は、正しい方法でサイズを測ることが大切です。ブラのサイズの測り方を確認しておきましょう。

ブラのサイズの測り方①トップバスト

トップバストは胸の膨らみの最も高い部分。バストを持ち上げ、メジャーを当てて測ります。バストが下垂していたり、胸が大きかったりして持ち上げるのが難しい時は、最も着け心地が良いブラジャーを着用した状態で測定しましょう。

ブラのサイズの測り方②アンダーバスト

アンダーバストはブラの膨らみの真下部分。床と水平になるようにメジャーを当てて測ります。メジャーが体に食い込まないように注意しながら測りましょう。

カップサイズ=トップバスト―アンダーバスト

ブラのカップサイズは、トップバストとアンダーバストの差で求めます。差が約10.0㎝であればAカップ、12.5㎝であればBカップ、15.0㎝であればCカップというように、2.5㎝刻みで1カップずつ上がります。

ブラの正しい着け方

ブラを着けている女性

体に合うブラを選んでいても、着け方を間違っていると、しっかりとバストを支えられません。バストトラブルを防いで美バストをキープしたい人は、正しいブラの着け方も確認しておきましょう。

ブラの着用手順

1.前かがみになります。
2.ストラップを肩に通します。
3.バージスラインとワイヤーを合わせます。
4.ホックを留めます。
5.カップの上部から手を入れて脂肪を収めます。
6.体を起こしてストラップを調整します。
ストラップは体とブラの間に指が1本程度入るくらいの長さに調整しましょう。

着け心地が良いブラを探しているなら▶ふんわりルームブラ


しっかりと胸を支えてくれて着け心地も良いブラを探している人には、湘南美容外科との共同開発で生まれた「ふんわりルームブラ」がおすすめです。

ふんわりルームブラは満足度98.6%!

ふんわりルームブラは累計販売数が100万枚を突破した大人気の「Angellir(アンジェリール)」シリーズのナイトブラ。使用している人からの評価が高く、満足度はなんと98.6%です。

ふんわりルームブラが高評価の理由

ふんわりルームブラが高評価されている理由は何なのでしょうか。

■理想のバストラインをキープできる
独自の構造で理想のバストラインに導きます。寝ている間はバストの形が崩れやすいですが、ふんわりルームブラを使えば、下垂が気にならない丸みを帯びたバストをキープできるでしょう。

■体に合わせてフロントベルトを調節できる
フロント部分についたベルトは3段階で調節可能。体に合わせてベルトを締めれば、無理なくバストを寄せ上げできます。

■着け心地が良い
ふんわりルームブラはノンワイヤータイプ。ワイヤーが食い込む心配がなく、着用時に圧迫感もないので、寝る時も快適に着用できます。

■幅広設計でバストを支える
ふんわりルームブラは幅広設計。しっかりとバストを支えられるので、脂肪がはみ出して脇や背中に流れたり、ストラップに負担がかかったりする心配もありません。

■バストアップも期待できる
パワーネットが脇や背中に流れた脂肪をバストに集めて定着させます。そのため、着用して寝るだけでボリュームのある理想のバストを目指せます。

■デザインが可愛い
ふんわりルームブラは上品なデザインも魅力的。年齢を問わずおしゃれに着用できると評判です。

ふんわりルームブラはまとめ買いがオトク

ふんわりルームブラはまとめ買いがオトク。単品購入は3,980円(税抜)ですが、2枚セットは5%割引の7,562円、3枚セットは10%割引の10,746円(税抜)です。

ふんわりルームブラ

¥4,298

販売サイトをチェック

合わないブラは不快感があるだけでなく、バストの下垂やボリュームダウンも引き起こします。真ん中に隙間ができたり、カップがパカパカしたりする場合は、ブラの選び方や使い方を見直して美バストをキープしましょう。