バストケアの専門サイト

基本知識

胸に合ったブラジャーしてる?バストの測り方とブラジャーのつけ方

By 秋田まち

ボディラインを整え、美しいプロポーションにみせてくれる、という重要な役割を担う下着。その中でもブラジャーは、バストを構成する乳腺や脂肪、それらを支えるクーパー靭帯を外部の刺激から守り、形が崩れたりサイズダウンしたりしないようにするためのものです。
しかし、サイズの合わないブラジャーを使い続けると、バストの垂れやサイズダウンなど、ボディラインを崩す原因なってしまいますので、正しく自分のバストサイズを知るようにしましょう。そこで、バストサイズの測り方やブラジャーを購入するときに注意したいこと、正しいブラジャーの着け方などをご紹介します。

バストサイズの測り方

ブラジャーとメジャー

女性のおよそ7割近くが自分のバストサイズを勘違いしているといわれています。さらにそのうち5割以上の人が、本来のバストサイズよりも小さいブラジャーを着けているのだそうです。

仮にバストの大きさが左右違う場合、大きいサイズのバストに合わせてブラジャーを選び、小さい方にはパッドを入れる、またはストラップを調整するといった方法で対応することが必要です。

いずれにしても自分の正しいバストサイズを知ることから始めなければブラジャーを選ぶことはできません。

ブラジャーのサイズは、カップサイズとアンダーバストで表示されますが、カップサイズを調べるためにトップバストとアンダーバストの2か所のサイズを測ります。

バストサイズの測り方①鏡の前で測る

鏡の前で確認する女性

ブラジャーを合わせるときには、バストの底辺であるバージスラインと合わせること、さらに前後は水平に保つことが必要になります。

そのため、バストサイズを測るときには正しく測れているか確認できるように、鏡の前で測るようにしましょう。

バストサイズの測り方②裸で測る

バストを測る時には、できるだけ素肌に近い状態で測ることが大切ですので、服を脱いだ状態が望ましいでしょう。足を閉じて背筋をまっすぐに伸ばしたら、力を入れずに立ち、バストサイズを測ります。

バストサイズの測り方③メジャーを用意する

バストを測る女性

バストサイズを測る道具にはメジャーを用意しましょう。
水平な状態で測ることが大切ですので、背中部分でメジャーが斜めにならないように、鏡で確認しながら測ります。

メジャーで身体を締めすぎたり、緩め過ぎたりしないことを心がけてください。

バストサイズの測り方④トップバストの測り方

胸のふくらみで最も高さがある、乳頭のある位置がトップバストです。

ブラジャーを着用すればバストは持ち上がりますので、バストを上に持ち上げた状態で測るのがポイントです。少し下がり気味のバストや豊かなバストの人の場合、持ち上げることが難しいため、着け心地のよいブラジャーを着けて測ってみるとよいでしょう。

バストサイズの測り方⑤アンダーバストの測り方

バストのふくらみがあるすぐ下の部分がアンダーバストです。横からみたときに、メジャーが水平になっているか鏡で確認しながら測ってください。

トップとアンダーのバストの差がカップサイズです。

バストサイズの測り方⑥店員さんに測ってもらう

バストにぴったりと合ったブラジャーを選ぶことで、バストをキレイな形に整え、快適な着け心地を得ることができます。

測り方を間違えれば合わないブラジャーを選ぶことになりますし、ブラジャーが持つ機能や期待できる効果が発揮されなくなります。自分で上手に測れないという場合には、無理をせずショップの店員さんに測ってもらうようにしましょう。

また、同じブラジャーでも着け方次第でバストのボリュームが違ってきますので、正しい着け方もアドバイスしてもらうと安心です。

ブラジャー購入時の注意点

色々なブラジャー

バストは年齢を重ねるごとに変化をしていきます。

まずは加齢に伴いホルモンバランスが変化し、バストを構成する脂肪と乳腺の割合が変わるため、バスト全体に柔らかさが出てきます。

さらにバストにかかる重力と揺れなどの刺激が長時間継続することにより、クーパー靭帯が伸びてしまい、それに加えて肌の弾力性や柔軟性が低下していき、バストを支える力はだんだんと弱くなってしまいます。

このような年齢を重ねることで起きるバストの変化を理解した上で、ブラジャーを購入することが大切です。仮に同じバストサイズだとしても、20代のバストのためのブラジャーを40代が着ければ、カップとバストの間にすきまが空いてしまうといったことになりかねません。

ブラジャー購入時の注意点①1年以上バストサイズを測っていない

年齢を重ねるごとに、当初は丸みがあったバストだったのに、だんだんとデコルテ部分のボリュームがそげ落ちて下部がたわみ、乳頭が下向きになってバスト自体が下がっていくという変化を感じることになります。

そのため、何年も前に測ったバストサイズが、現在のサイズと同じとは思わないほうがよいでしょう。

バストは歳をとるにつれて柔らかさを増し、トップやアンダーのサイズ、そしてバスト自体の形も変化します。
1年以上バストサイズを測っていない場合には、新しいブラジャーを購入する際に必ず測り直すようにしてください。

ブラジャー購入時の注意点②試着をしない

同じサイズでも20代用のブラジャーを40代の人が着ければ、少し動いただけでカップが浮いたり、背中にくいこんだりします。
合わないブラジャーを着けていると、揺れを抑えることができずにブラジャー部分にズレが生じ、バストが下に沈んだ時の衝撃が大きくなってしまいます。

バストをしっかり支えて、バストが下に沈んだ時の衝撃を抑えることができるブラジャーを選ぶようにしましょう。

そのためには試着をして、胸に合うブラジャーか確かめることが必須です。本当に合うブラジャーをみつけるためにも、プロにバストサイズを採寸してもらい、ブラジャーが自分のバストに合うか必ず試着をして確認するようにしてください。

ブラジャー購入時の注意点③ネット通販の場合は返品交換できるか

価格が安くて品揃えが豊富なスーパーで販売されているブラジャーは、簡易的な試着室しかないのでじっくり選ぶことはできません。

百貨店でブラジャーを購入する場合には、値段は少々高めですが店員さんから商品についての説明やアドバイスなど受けることができます。ただしメーカー別に担当者が決まっているので、他社に良い商品があっても勧めてはもらえません。

専門店では特定ブランドのみを扱っているので、店員さんもそのブランドに対する知識は豊富で丁寧な接客を受けることができます。ただし気に入らなかったときに、買わないと言いだしにくいという部分がデメリットです。

このような事情から、人に会わずに自分で商品を選べるネット通販などでブラジャーを購入する人が増えています。

しかし気になるのは返品交換が可能かどうかですが、例えば大手下着メーカーのワコールなら「ワコールウェブストア」または通販カタログで購入した人に対して返品交換を受け付けています。ただし商品に付いているタグは外さないで試着することが必要です。

また、ピーチ・ジョンでは商品と一緒に「返品交換カード」が送付されますので、サイズが合わないという場合にはカードに必要項目を記入し、送り返すことで返品交換が可能です。

取扱いは販売会社によって異なりますので、サイズ選びに不安がある場合には事前にサイズが合わなかったときの交換対応について確認しておきましょう。

ブラジャーの正しいつけ方

ブラジャーを着ける女性

ブラジャーはバストの底辺であるバージスラインと合わせること、そして前後を水平に保って正しい着け方を行わなければ、本来の機能や期待できる効果が発揮されません。

ブラジャーを正しく着用しないと、バストのボリュームやくいこみなども異なってきます。

ブラジャーの正しいつけ方①ブラジャーはこうつける!

まず、ブラジャーのストラップを肩にかけて、ブラの下側を持ち、前かがみの姿勢になってください。ワイヤーとバージスラインを合わせ、カップにバストを入れたらそのままホックを留めます。

前かがみになったままでストラップの付け根を少し浮かせるようにしてバスト全体を手で包みます。脇からお肉をしっかり中央まで寄せ、カップに収めたらバストの形を整えましょう。

次に身体を起こし、ストラップの長さを調節します。人差し指がスムーズに入る長さに調整してください。

もしこの方法で綺麗にブラジャーを着けることができないと感じるなら、バストサイズとブラジャーが合っていないと考えられます。

ブラジャーの正しいつけ方②フィッティング運動を忘れずに

ブラジャーを着けたら、身体を左右にひねり、腕を上下に動かすといったフィッティング運動を行ってください。

フィッティング運動を行った後で、しっかりカップに収まっていたはずのバストや、アンダーバスト、さらにはストラップに違和感や不具合がみられた場合、ブラジャーのサイズが合っていない可能性があります。

ブラジャーの正しいつけ方③体に合っているか確認

ブラジャーがぴったりバストサイズに合っていれば動きにもフィットするはずです。

身体を動かしたときに、ブラジャーがずれる場合などはサイズが合っていないと判断できますので、次のような状態がみられる場合にはブラジャーを選び直すことが必要です。

・両腕を振ったときに胸のお肉が脇からはみ出てくる
・両手を上に上げるとブラジャーがずれ上がる
・ジャンプをしたときにバストが大きく揺れる
・前かがみの姿勢ではブラジャーの後ろ側が上がってくる
・両肩を回すとストラップが落ちる場合、身体を左右にひねるとバストからカップが浮く


本来、ブラジャーを着けると快適に感じるはずですが、締め付けが苦しいと感じる場合や、ブラジャーを外したときに跡が残る場合、ブラジャーがあたって痛い場合やズレる時には、ブラジャーがバストサイズに合っていないことが考えられます。胸に合わないブラジャーを着け続けると、ボディラインだけでなく精神的な負担にもなりますので、自分のバストサイズを正しく測って、ぴったりと合うブラジャーを選ぶようにしましょう。
そしてブラジャーは必ず試着してから購入するようにしてください。試着の際には、カップの上辺に浮きやくい込みがないか、ブラジャーの前中心の浮きの有無、アンダーバストやストラップの締め付けやズレはないかを確認しましょう。心地よさを感じられるブラジャーを選ぶために、ブラジャーを着けたらフィッティング運動をして、不具合などが生じていないか確認することも大切です。