バストケアの専門サイト

バストの悩み

垂れた胸の戻し方が知りたい!胸の位置が下がる原因と対策とは?

By 秋田まち

女性は加齢や出産などにより、体型が変化してしまうものです。特に胸が垂れてしまった場合、仕方がないと放置してしまいがちですが、もう戻らないと諦めてしまわないようにしましょう。なぜ胸が垂れてしまうのか、その原因や仕組み、関係する生活習慣などを知り、キレイな形の胸への戻し方などを確認してみましょう。

胸が垂れる原因とは?

豊かな胸と小さい胸

年齢を重ねていくことで段々と胸が小さくなったと感じたり、胸のまわりのお肉がそげてしまい貧相に感じたりなど、変化する胸の形に悩みを抱える女性は少なくありません。

20代前半の頃のようにパンっと張った形の良い胸にはもう戻らないし、誰でも年齢を重ねれば胸は垂れていくものだと諦めてしまうようです。

しかし本当に年齢を重ねれば誰でも胸は垂れてしまうのか、一度垂れた胸は元の丸いキレイな形に戻すことはできないのでしょうか。まずは胸が垂れる原因から確認していきましょう。

胸が垂れる原因①クーパー靭帯が伸びてしまうこと

女性は30代以降になると、胸のまわりのお肉はそげ落ち、トップの位置は下がって「ハ」の字に離れていくものだと思っていないでしょうか。

確かに30代以降の女性は、そのような胸の形になっていることが多いようです。その理由として、女性ホルモンが低下してしまうこと、そして胸を支えている「クーパー靭帯」が伸びたり切れたりしてしまうことが挙げられます。

胸をキレイな丸い形に保つために重要な役割を担うクーパー靭帯は、コラーゲンを主成分とした結合組織です。クーパー靭帯は胸部の皮下にある皮下筋膜の浅葉と深葉の間にある胸を繋いで、乳腺や脂肪が脇に流れないように支えています。

しかし、激しい運動を行うことで胸は揺れ動きますし、日常生活での上下運動でも胸は揺れますので、だんだんとクーパー靭帯が伸びていき、次第に切れてしまいます。

胸が垂れることを防ぐのなら、とび跳ねたり激しく動く運動は控えるか、胸が揺れないようにしっかり支えるスポーツ用のブラジャーを着用した上で行うようにしましょう。

胸が垂れる原因②乳腺を傷める

女性は妊娠した場合にはホルモンの作用によって乳腺が発達し、通常のときよりも2サイズほど大きくなることが一般的です。

そして出産を経て、授乳期には胸に張りを感じたり、そして萎んだりということを繰り返し、卒乳後は萎縮した乳腺と張りのない皮膚が小さく垂れた胸を作り上げてしまいます。

また、母乳が乳腺に詰まって乳腺炎を起こさないようにと胸を強くマッサージし過ぎないようにしてください。強すぎる力でマッサージなどを行うと、乳腺や皮膚を傷めてしまいます。マッサージするときには、ぬるめのお湯で体を温めながら、しこりができている部分を乳頭に流すようにイメージしながら優しく行うようにします。

授乳中でなくても、垂れた胸を元に戻そうと必死になってマッサージを行う女性もいます。この場合もやはり力が強すぎて逆効果というケースがあります。あくまでも自分が気持ちよさを感じられるようなマッサージを行うようにしてください。

胸が垂れる原因③ダイエットによる極端な食事制限

ダイエットする女性

ほっそりとスリムな体は女性の憧れですが、痩せたいという意識が強すぎて極端な食事制限などを行うと、体が飢餓状態と認識するようになります。

口から摂った栄養は、生命を維持する機能に優先して送られることになりますが、胸への栄養は生きて行く上で優先する必要がありませんので、その他の部位や組織に優先して栄養が送られることになります。そうなると胸はだんだんと小さくなってしまうでしょう。

また、女性らしいボディラインを作ったり、コラーゲンの産生を促して美肌を作ったりするエストロゲンという女性ホルモンがあります。女性らしさを保てるのなら、エストロゲンの分泌を増やせばよいのでは?と思うかもしれませんが、エストロゲンが増え過ぎると乳がんや子宮体がんのリスクを高めてしまいます。

女性ホルモンにはもう1つ、妊娠に関係するプロゲステロンがあり、この2つのバランスが保たれながら分泌されることが女性にとっては大切なことです。無理なダイエットは女性ホルモンを分泌させる司令塔である脳の視床下部に負担をかけてしまい、女性ホルモンのバランスが崩れやすくなるので注意してください。

たとえダイエットを行う場合でも、無理な食事制限は行わず、胸にもしっかり栄養が行き渡るように、そして女性ホルモンのバランスを崩さないようにしましょう。

胸が垂れる原因④ブラジャーのサイズが合っていない

胸のサイズの合っていないブラジャーを着用していると、クーパー靭帯を伸ばす原因になってしまいます。必ず自分の胸のサイズに合ったブラジャーを着用するようにしてください。

大きくてゆるいブラジャー、反対に締めつけが強い小さめのブラジャー、どちらも胸にとって悪影響です。

大きくてゆるいブラジャーは、カップと胸の間に隙間ができてしまうので、胸の揺れを防ぐことができなくなります。反対に小さくて締めつけが強いブラジャーを着けていると、皮膚が締めつけられてコリのある硬い胸になってしまいます。

サイズ表記は同じでも、下着メーカーによって実際に着けてみると合わない場合もあります。ブラジャーを購入するときには必ず試着を行うようにしましょう。

胸が垂れる原因⑤姿勢の悪さ

姿勢の悪い女性

姿勢が悪く猫背気味の女性は、胸を突っ張らせてしまうので皮膚を硬くしてしまう可能性があります。

また、猫背になると肩や胸にコリを生じさせることになり、血行が悪くなります。血行が良好でない状態は、胸を冷たく、硬くしてしまいますし、血液にのって栄養が胸まで運ばれにくくなってしまいます。

横からみたときに肩が前に出ている「巻き肩」という姿勢の女性もいますが、この巻き肩は猫背の姿勢がさらに進行した状態であることも少なくありません。パソコンやスマホを使うことが当たり前になり、知らない間に巻き肩になっている女性も増えていますので注意しましょう。

巻き肩は姿勢が悪いという印象を与えるだけでなく、血管やリンパ管、内臓などを圧迫してしまうため、代謝が悪くなり、血流やリンパの流れを悪化させ、胸に栄養が行き渡らなくなってしまいます。

胸を支えている大胸筋を硬くしてしまうことにも繋がり、しっかり胸を支えることができなくなるので胸が垂れる原因になる可能性もあります。

さらに、眠るときにはうつ伏せなど胸を圧迫するような姿勢は血行不良のもとになります。できるだけ仰向けの姿勢をキープするようにし、寝返りを打ったときなどに体の側面に胸のお肉が脇や背中に流れないよう、締め付けのないナイトブラなどを着けるようにするとよいでしょう。

垂れた胸は元に戻せる?

「年齢を重ねると胸は自然に垂れてしまうものだ」と諦めないようにしましょう。胸を支える土台である大胸筋をフカフカにほぐすこと、そして肋骨の辺りにある筋肉である肋間筋の弾力を取り戻すことにより、胸を高い位置でキープすることができるかもしれません。

胸は女性ホルモンが見た目に表れる唯一の部位ですので、放置しているとすっかりたるんでしまいます。1日に1回は自分の胸を鏡で見て、やさしく触れて女性ホルモンを刺激するようにしましょう。

垂れた胸の戻し方

お風呂に入る女性

人の体は皮膚1枚で繋がっている状態ですので、仮に胸が1cm下がっただけでも皮膚は下に引っ張られることになり、その分呼吸が浅くなるといわれています。

胸の間の皮膚を1cm程度自分で下げてみると、呼吸がしにくくなるのを感じられるでしょう。これは胸が垂れたときに皮膚が下に引っ張られ、呼吸が浅くなり酸素の循環が悪くなることをあらわしています。

呼吸によって酸素をしっかり取り入れなければ、血行が悪化してしまいます。

胸を上向きでキープすることは、血流を良好にして栄養を胸に届きやすくさせることにも繋がりますし、美肌や冷え解消など体全体にも良い影響をもたらします。

そこで、上向きの胸を取り戻すために、自宅でできる簡単なマッサージを試してみましょう。

垂れた胸の戻し方①巻き肩を改善するストレッチ

巻き肩は見た目も悪いですし血流が悪くなります。血流が悪ければ栄養が胸まで行き渡りませんので、垂れた胸を元の形に戻すために重要なことです。
胸から肩にかけて無理なく行える簡単なストレッチ方法なのですぐに試してみましょう。

まず、壁に向かい合うように立ち、右手のひじを90度に曲げ、手の平からひじまで壁につけます。この状態をキープしたまま、上半身を左へゆっくり回して30秒伸ばします。その後、ゆっくりと元の位置に戻して、反対側の手も同じように伸ばす作業まで行いましょう。

ポイントは、力を抜きながら体をゆっくり動かすことを意識してください。また、呼吸を止めず、大胸筋が伸びていることを感じながら行いましょう。
ピンと伸びた背筋は、胸の大きさに関係なく美しさを保つためにも必要です。

垂れた胸の戻し方②お風呂でできる簡単マッサージ

1日1回お風呂でできる、垂れた胸を元に戻す簡単マッサージをご紹介します。

お風呂で体を洗うとき、胸の間の少し上にある胸腺部分を指3本でさすって刺激します。この胸腺に触れると、女性ホルモンの分泌がスムーズに行われるようになるといわれています。

胸腺を刺激した後は、脇から胸の外側、そしてアンダーバストに向かい、さらにセンターの鎖骨へと指を移動させながらさすっていきます。

これを2~3回繰り返し、最後に胸全体を両手で優しく包み込むように、外から内側へと円を描くように洗います。最後に乳首を立たせるように触れて女性ホルモンを刺激しましょう。

垂れた胸の戻し方③腕立て伏せが苦手な人におすすめの壁立て伏せ

垂れた胸が気になるなら、大胸筋に効く「壁立て伏せ」がおすすめです。胸回りの無駄なお肉が引き締まり、バストアップだけでなく二の腕のたるみも改善させることが期待できます。
腕立て伏せは苦手という女性でも、壁立て伏せなら無理なく続けることができます。

腕を肩幅に開いて床と水平になるように真っ直ぐに伸ばします。両手を壁につけたら体重を乗せ、つま先立ちになって胸筋を意識しながら息を吐き、肘を曲げて壁に体重をかけていきます。

壁に顔が触れるギリギリのところまで肘を曲げ、息を吸いながら今度は腕を伸ばすことを10回×3セット行いましょう。

離れたバストを元に戻したい!



今やバストもしっかりケアをする時代。美バストの女性が多く使っているとして話題なのがふんわりルームブラ

バストの垂れ、型崩れ、離れ乳などの悩み、これらの原因は「クーパー靭帯が伸びること」
このクーパー靭帯が最もダメージを受けやすいのはノーブラで寝るときなのです。

日中だけでなく、夜眠るときこそバストを保護してあげることが美バストへの近道!そこでおすすめなのが、このナイトブラです。

ふんわりルームブラのここがスゴイ!

数あるナイトブラの中でも、ふんわりルームブラがなぜダントツの人気を誇るのでしょうか。
それには5つの特徴がありました!

【1】ノンワイヤー
ふんわりルームブラはノンワイヤー。日中のブラですら、窮屈感を感じたり、締め付けが苦手な女性は多いですよね。まして寝るときもブラなんて…と敬遠している方でも安心!ふんわりルームブラはノンワイヤーなので、着け心地が優しいのです。寝ている間も優しくしっかり胸を支えてくれます。

【2】パワーネット
考え抜かれたパワーネットの配置でバストに集めたお肉をしっかり固定します。布団で横になってもバストがブラから流れません!

【3】3段ホック
ふんわりルームブラは3段ホックのベルト付き。パワーネットで集められたバストをぎゅっと寄せあげてくれますよ♪離れ気味のバストにも効果的!

【4】パッド付き
下厚パッド付きでバストが潰れてしまうのを防止します。パッドは取り外し可能なので、洗濯の時も安心ですね。

【5】ワキ肉をキャッチ
幅広のパワーネットでワキ肉もしっかりキャッチ!ふんわりルームブラならムダ肉も引き締めてくれるので、背中もスッキリ。後ろ姿だって若々しくキレイに。

愛用者満足度はなんと98%というふんわりルームブラ。1度使うと手放せなくなるほど、バストケアに効果的なナイトブラなのです。
バストの位置が上がり、胸の形をキレイに整えてくれるナイトブラで、美バストを目指して!

ふんわりルームブラ

¥4,298

販売サイトをチェック

女性は体型の変化によって胸が垂れてしまうこともありますが、仕方がないと放置してしまえばそれまでになってしまいます。なぜ胸が垂れてしまうのか仕組みを理解し、生活習慣の改善やストレッチやマッサージなどを取り入れることで、丸くて形の良い胸を取り戻すことができるかもしれません。早速今日からバストケアを始めてみてはいかがでしょう。