バストケアの専門サイト

バストの悩み

Cカップ女子必見!胸にくっきりとした谷間を作る方法とは?

By 深井麻実

日本人の平均だと言われるCカップのバストに谷間はできるのでしょうか。ここでは、Cカップの大きさや谷間ができない原因、Cカップバストに谷間を作る方法などをご紹介します。

Cカップの大きさってどれくらい?

バストのサイズを測る女性

Cカップは日本人女性の平均と言われているバストサイズです。巨乳というわけではありませんが「まな板」と例えられるような貧乳でもなく、多くの女性からは「ちょうどいいサイズ」だと言われています。

まずは、Cカップの大きさについて確認してみましょう。

Cカップはトップとアンダーの差が15.0㎝

カップサイズは胸の最も高い位置を表すトップバストと膨らみの真下を表すアンダーバストの差で求められます。

トップバストとアンダーバストの差が10.0㎝であればAカップであり、その後は12.5㎝がBカップ、15.0㎝がCカップというように2.5㎝刻みでカップサイズが上がります。

つまり、CカップはBカップよりもトップバストとアンダーバストの差が2.5㎝大きく、Dカップよりも差が2.5㎝小さいバストです。

Cカップを身近なもので例えてみよう

Cカップのサイズがわかっても具体的に大きさをイメージしにくいという人は多いかもしれません。そこで、Cカップを身近なものに例えてみました。

■Cカップの高さ
個人差はありますが、Cカップの高さは約4~5㎝。これはコンビニで売られている中華まん程度に相当します。実際に肉まんをイメージしてみると、Cカップが大きすぎず小さすぎないと言われる理由がわかるかもしれません。

■Cカップの重さ
胸の重さも個人差がありますが、Cカップは両胸で約531g。これは500mlのペットボトル約1本分、中くらいのサツマイモ約2本分に相当します。普段、胸の重さを意識することは少ないですが、身近なものに例えてみると、意外と重いと感じる人が多いでしょう。

実際、Cカップになれば、胸の重さが原因で肩こりに悩む人も増えてくると言われています。

Cカップバストに谷間はできる?

谷間のあるバスト

谷間のあるふっくらとしたバストは女性からも男性からも憧れられています。では、日本人の平均サイズであるCカップのバストには谷間はできるのでしょうか。

Cカップは谷間ができるか、できないかの境界線

胸の形やボリュームによって個人差はありますが、Cカップは谷間ができるか、できないかの境界線だと言われています。Cカップの人の意見を見ていきましょう。

■谷間ができる人の意見
・ブラジャーを着けている時は谷間ができる
・うっすらと影ができる

■谷間ができない人の意見
・Cカップなのにボリュームがなく、谷間もできない
・頑張って谷間を作ってもすぐに消えてしまう

谷間がない胸は男性からどう思われている?

男性は女性の胸に対して理想を持っていることが多いと考えられています。そのため、谷間がない胸は「魅力的に感じない」「物足りない」と思われることも珍しくありません。

もちろん、谷間がなくても気にしない男性もいますが、モテを意識するなら、谷間があった方が良いと言えます。

Cカップで谷間ができない原因は?

考えている女性

Cカップには、谷間ができる人とできない人が存在します。谷間ができない場合は考えられる原因をチェックしてみましょう。

Cカップに谷間ができない原因①アンダーが小さい

Cカップでもアンダーバストが小さければ、胸にボリュームは出にくいです。例えば、C65はB70やA75と胸のボリュームがほとんど同じだと考えられています。

アンダーが小さく、胸にボリュームがなければ、Cカップでも谷間ができにくく、理想的の胸だとは言えない可能性が高いでしょう。

Cカップに谷間ができない原因②離れ乳になっている

理想の胸は鎖骨の中心と左右のバストトップを結ぶと、正三角形になると言われています。ところが、何らかの原因でバストトップが外側に向いて「離れ乳」になれば、Cカップでも谷間が作られにくいです。

離れ乳の主な原因は大胸筋の衰えとクーパー靭帯へのダメージです。

■大胸筋の衰え
大胸筋はバストを支える土台となっている筋肉です。運動不足や加齢で大胸筋が衰えれば、支えきれなくなった脂肪が脇に向かって流れ、離れ乳になってしまいます。

■クーパー靭帯へのダメージ
バストはクーパー靭帯と呼ばれる弾力のある組織によって吊り上げられています。しかし、クーパー靭帯は揺れなどのダメージに弱く、切れたり、伸びたりすることが珍しくありません。

クーパー靭帯が切れたり、伸びたりすると、吊り上げられなくなった脂肪が脇に向かって流れ、離れ乳になってしまいます。

Cカップバストに谷間を作る方法

ブラジャーを着けている女性

バストにボリュームがなかったり、離れ乳になったりしていても、Cカップであれば努力次第で谷間は作れます。Cカップのバストに谷間を作る方法を見ていきましょう。

Cカップバストに谷間を作る方法①正しくブラジャーを使う

ブラジャーは胸の脂肪を支えるために大切なものです。正しく使えていなければ、脂肪が脇に向かって流れたり、胸が揺れてクーパー靭帯がダメージを受けたりするため、谷間がないCカップ女子はブラジャーの選び方や使い方を見直しましょう。

選び方や使い方を工夫すれば、自然な谷間ができます。

■ブラジャーの選び方
ブラジャーを選ぶ時はサイズとカップのタイプを確認しましょう。

・サイズ
サイズが大きすぎるブラジャーを使っていると、しっかりと胸を支えられません。反対にサイズが小さすぎるブラジャーを使えば、カップに収まりきらなかった脂肪が脇や背中に向かって流れます。

そのため、谷間を作りたい時はサイズに合ったブラジャーを使うのが大切です。ブラジャーのサイズはトップバストとアンダーバストを測って求めましょう。

<トップバストの測り方>
胸の膨らみの最も高い位置にメジャーを当てて測定します。裸の状態で胸を持ち上げるか最も着け心地の良いブラジャーを着けて測定しましょう。

<アンダーバストの測り方>
胸の膨らみの真下にメジャーを当てて測りましょう。メジャーが床と平行になっているかをチェックしながら測定してください。

・カップのタイプ
ブラジャーは主にフルカップ、3/4カップ、ハーフカップの3種類に分けられます。谷間ができにくいCカップ女子は胸を寄せたり、上げたりする力が強い3/4カップブラジャーを選びましょう。

■ブラジャーの着け方

1.前かがみになり、ストラップを肩にかけます。
2.カップとバストの下のラインを合わせます。
3.ホックを留めます。
4.ストラップの付け根を持ち上げて、脂肪をカップに収めます。
5.姿勢を正し、ストラップを調整します。

Cカップバストに谷間を作る方法②パッドを入れる

ブラジャーだけでは谷間ができない時はパッドを入れて胸をボリュームアップさせましょう。

■パッドの選び方
胸にボリュームが欲しい時は厚めのレモン型パッドを選びましょう。丸型パッドは厚みが少ないため、ボリュームを出したい人には適していません。

■パッドの入れ方
谷間を作りたい時はバストの外側にパッドを入れましょう。パッドを入れることで、胸の脂肪が中央に寄って自然な谷間が作られます。

Cカップバストに谷間を作る方法③ヌーブラを使う

くっきりとした谷間を作りたい時はヌーブラを使うのもおすすめです。

■ヌーブラの着け方
1.胸を清潔な状態にしておきます。
2.カップを反らせます。
3.ヌーブラを胸に当てて貼り付けます。
4.フロントホックを留めます。
5.軽く押さえてヌーブラと肌を密着させます。

■谷間を作るヌーブラの使い方
谷間を作りたい時はヌーブラをできるだけ胸の外側に貼りましょう。外側に貼ったヌーブラで胸の脂肪を中心に寄せると、離れ乳の人でも谷間を演出できます。

■ヌーブラ+普通のブラジャーでくっきり谷間をゲット
ヌーブラだけではくっきりとした谷間ができない時は、ヌーブラを貼った上から普通のブラジャーを着用するのも良いでしょう。

ヌーブラの上からブラジャーを着ける時は、胸を潰さないようにやわらかいヌーブラを使い、ブラジャーのサイズを普段のサイズから1~2カップ程度上げるのがおすすめです。

Cカップバストに谷間を作る方法④メイクで影を付ける

CカップはAカップやBカップと比べて胸に立体感があります。そのため、メイクで立体感をアップさせると、自然な谷間を作れます。

■必要なもの
・シェーディング用コスメ
肌よりワントーン暗いファンデーションかシェーディング、ブラウン系やベージュ系のアイシャドウなどを使います。

・ハイライト
肌よりワントーン明るいファンデーションかマットタイプのハイライトを使います。ラメやパール入りのハイライトは胸に使うと不自然に見えることがあるため、避けた方が無難です。

・フェイスパウダー
普段のメイクで使っているもので大丈夫です。

■メイクで谷間を作る方法
1.胸を寄せたり上げたりして谷間を作ります。
2.谷間のラインに沿ってVの字にシェーディングを入れます。
3.Vの外側にハイライトを入れて胸に立体感を出します。
4.しっかりとぼかします。
5.上からフェイスパウダーをのせます。

■メイクで谷間を作る時の注意点
自然な谷間を作りたい時は薄くシェーディングとハイライトを入れるのがポイント。くっきりとした谷間が欲しいからと濃くメイクすると、不自然に見えて周りの人からバレてしまいます。

メイクが終わったら、しっかりとぼかして鏡をチェックし、不自然に見えないかを確認しておきましょう。

また、汗をかいたり、水に濡れたりすると、メイクが落ちて谷間がなくなる可能性があります。海やプールに行くときは違う方法で谷間を作るのがおすすめです。

ナイトブラで自然な谷間をゲット

寝ている女性

ブラジャーやパッド、メイクで谷間を作っても、裸になったり、メイクを取ったりすると谷間は残りません。また、頑張って谷間を作ろうとすると、不自然になって周りの人からバレてしまうこともあります。

自然な谷間がずっと続く理想の胸を手に入れたい人はナイトブラを使ってみるのもおすすめです。

■ナイトブラとは?
ナイトブラとは、寝る時に着用することを目的として作られたブラジャーのこと。睡眠中は寝返りの影響でクーパー靭帯がダメージを受けたり、重力でバストの脂肪が横に流れたりしやすいですが、ナイトブラを使えば、しっかりと胸を支えられます。

■谷間が欲しい人のナイトブラの選び方
最近は多数のメーカーからナイトブラが発売されていますが、谷間が欲しい人は2つのポイントをチェックしてナイトブラを選びましょう。

・脇や背中の脂肪を胸に集める
脇や背中に流れてしまった脂肪を胸に集めてキープしてくれるナイトブラを使えば、睡眠中にバストのボリュームアップを目指せます。バストがボリュームアップすれば、胸にくっきりとした谷間ができるでしょう。

・ホールド力が高い
しっかりとバストをホールドしてくれるナイトブラを使えば、睡眠中にクーパー靭帯がダメージを受けることはありません。クーパー靭帯が守られると、離れ乳を予防できて、寝ている間も谷間のある胸をキープできます。

Cカップ女子におすすめのナイトブラは「ふんわりルームブラ」


どのナイトブラを買おうか悩んでいるCカップ女子には、累計販売枚数が100万枚を突破したアンジェリールシリーズのふんわりルームブラがおすすめです。


■ふんわりルームブラの特徴
・フロントベルトで谷間メイク
フロント部分に付いているベルトをギューッと締めれば、バストを中央に寄せられて、離れ乳でも谷間を作れます。ベルトは3段階で調整できるため、小柄な人でもカップが浮いてしまう心配はありません。

・パワーネットでバストを寄せ上げ
考え抜かれた独自のパワーネット構造で脇や背中からバストに脂肪を集約。集めた脂肪は寄せて上げるので、寝ているだけで谷間のあるボリューミーなバストを目指せます

・ノンワイヤーなのにしっかりとバストをホールド
ノンワイヤーで着け心地が良いですが、バストをホールドする力は十分。しっかりとバストを支えてくれるため、睡眠中にクーパー靭帯がダメージを受けることはないでしょう。

・幅広設計で脇肉をキャッチ
脇や背中は幅広設計なので、しっかりと脂肪をキャッチできます。余分な脂肪を胸に収めれば、贅肉が目立たず、後ろ姿も美しくなれるでしょう。

・デザインが可愛い
ふんわりルームブラはカラー展開が豊富で、デザインも可愛いです。バストアップ目的に着けるナイトブラだとはバレにくいので、友達や家族とのお泊りにも安心して使えます。

■まとめ買いがおすすめ
ふんわりルームブラはまとめ買いがおすすめ。公式サイトで2枚以上まとめ買いすると、購入枚数に応じて割引を受けられます。

・単品購入:3,980円(税抜)
・2枚セット:7,562円(税抜)
・3枚セット:10,746円(税抜)

ふんわりルームブラ

¥4,298

販売サイトをチェック

Cカップは平均的なサイズ。谷間ができにくい人も工夫次第で理想の谷間はゲットできるので、できることから試してみてはいかがでしょう。