バストケアの専門サイト

基本知識

失敗しないブラの試着方法とは?正しいサイズの測り方も!

By 深井麻実

体に合ったブラを着けなければ、苦しく感じたり、胸の形が崩れたりする可能性があるため、ブラを買う時は試着するのがおすすめです。ここでは、失敗しないブラの試着方法などについてご紹介します。

ブラを買う時は試着する?

クエッションマークを持つ女性

下着屋さんでブラを買う時は「必ず試着する」という人がいる一方で「試着はほとんどしない」という人も珍しくありません。試着する人と試着しない人の意見をチェックしてみましょう。

■試着する人の意見
・正確なサイズを知りたい
・ブラ選びで失敗したくない

■試着しない人の意見
・恥ずかしい
・面倒くさい
・自分のサイズを把握できている

ブラのサイズを間違えている人の割合

ブラを試着しない人は自分のサイズを知っているつもりだったり、数年前に測ったサイズと同じブラジャーを買っていたりするようです。ところが、ブラジャーのサイズは体型の変化や加齢に合わせて少しずつ変わっていきます。

そのため、ブラジャーを試着せずに購入すると、サイズを間違ってしまう可能性が高いです。実際、下着メーカー・ワコールの調査では、女性の71%が自分の下着のサイズを間違えていることがわかっているため、試着をせずに下着を買うのはおすすめできません。
※出典元:https://store.wacoal.jp/contents/feature/size_contents/

体に合わないブラを使うデメリット

バツマークを作る女性

試着をせずに、体に合わないサイズのブラを購入すると、どんなデメリットがあるのでしょうか。

体に合わないブラを使うデメリット①苦しい

胸よりも小さいサイズのブラや胸にワイヤーが食い込むブラを使っていると、着用中に苦しいと感じます。苦しいブラジャーは長時間使うのが嫌なので、試着をせずに購入したブラはすぐに捨てられたり、タンスの中で眠らされたりすることも珍しくありません。

体に合わないブラを使うデメリット②シルエットが崩れる

胸のサイズに合わないブラはしっかりと胸を支えられません。そのため、ブラを着用していてもバストトップの位置が下がってしまうことが多いです。

また、体に対してアンダーサイズが小さいブラを使っていると、ブラと背中や脇に段差ができることもあります。後ろ姿に段差が目立てば、シルエットが美しく見えず、老けて見られることも多いでしょう。

体に合わないブラを使うデメリット③胸がボリュームダウンする

ブラは胸の脂肪を支える役割を担っています。ところが、胸のサイズに合わないブラを使っていると、脂肪を支えきれません。小さいサイズのブラから胸の脂肪が溢れて脇や背中に流れれば、胸がボリュームダウンする可能性も高いです。

また、小さいサイズのブラを着用していれば、ブラの締め付けで血行やリンパの循環が妨げられることもあります。血行やリンパの循環が悪くなると、胸を成長させる細胞に栄養が届かず、老廃物が蓄積されて、バストアップも妨げられるでしょう。

体に合わないブラを使うデメリット④バストが垂れる

胸に対して大きいサイズのブラを使っていると、カップと胸の間に隙間ができます。隙間があると、胸の脂肪がしっかりと支えられないため、体を動かしたときにカップの中で胸が揺れることが多いです。

胸が揺れれば、脂肪や乳腺組織を吊り上げているクーパー靭帯がダメージを受けて伸びたり、切れたりすることが珍しくありません。伸びたり切れたりしたクーパー靭帯は胸を吊り上げられないため、大きいサイズのブラを使い続けていれば、胸が下垂することも多いです。

失敗しないブラの試着方法

ブラを着けている女性

体に合わないサイズのブラで胸のボリュームダウンや下垂を招きたくない人はできるだけ試着してからブラを購入するのがおすすめです。では、ブラの試着はどのように行えば良いのでしょうか。

ブラの試着の流れ

多くの下着屋さんでは、ブラの試着は次のような流れで行われます。

■1.サイズを測る
まずは、自分のブラのサイズを測ってもらいます。サイズの測定方法はお店によって違いますが、試着室などでブラの上からメジャーでサイズを測ってくれることが多いです。

■2.自分でブラを着ける
試着したいブラが決まったら、店員さんに声をかけて試着室でブラを着用します。

■3.店員さんにチェックしてもらう
ブラを着け終わったら、店員さんを呼び、フィット感などを確認してもらいます。同じサイズでもブラによって形や多少のサイズは異なるので、ブラが体に合っていない場合は、他のサイズや他の商品を試させてもらいましょう。

正しいブラの着け方

ブラは正しい方法で着用しなければ、十分に胸を支えられません。ブラを試着する時は、次の手順で着用しましょう。

1.前かがみになり、肩ひもを通します。
2.ブラと胸の下のラインを合わせます。
3.ホックを留めます。
4.カップの上部から手を入れて、背中や脇から脂肪を集めます。
5.体を起こし、ストラップを調整します。

ブラを試着する時のチェックポイント

ブラ選びで失敗したくない人は試着の時に次のポイントを確認しておくのがおすすめです。

■アンダーバストは合っているか
アンダーバストが緩すぎるブラは着用中にずり上がったり、ずり下がったりしてしまいます。反対に、アンダーバストがきつすぎるブラを着用すると、ブラの上に背中の脂肪がのって美しく見えません。

ブラを試着する時はアンダーバストが体に合っているかを確認し、失敗を予防しましょう。ホックを留めた時に背中とブラの間に指が3本、それ以外の場所とブラの間に指が2本入るブラが理想です。

■脂肪がカップに収まっているか
脂肪がカップからはみ出すブラは小さいです。ブラを着けたら、カップに脂肪を収めて、脂肪が溢れていないかを確認しておきましょう。

■ワイヤーは体に合っているか
ワイヤーの形が体に合っていないブラを着けると、ワイヤーの締め付けで苦しく感じたり、血行が妨げられたりします。ブラを購入する時は、ワイヤーが体に食い込まないものを選んで締め付けを予防しましょう。

ワイヤーが体に合っているかを確認したい時は、ブラを着けた後にワイヤーの上を軽く押してみるのがポイントです。ワイヤーを押した時に弾力を感じたら、ワイヤーで胸が潰されている可能性があるため、違うブラを選びなおした方が良いでしょう。

■カップと胸に隙間がないか
カップと胸に隙間があるブラを着けていると、バストが下垂したり、前になったときに胸元が見えたりします。ブラは胸とカップがぴったりとフィットするものを選び、胸をしっかりと支えましょう。

■肩ひもは落ちないか
着用中、ブラの肩ひもが落ちると、不快であるだけでなく、ブラがずれて胸を支えられない可能性もあります。ブラを試着する時は、試着室の中で腕などを軽く動かして、肩ひもが落ちないものを選びましょう。

なで肩で肩ひもが落ちやすい場合は、肩ひもがY字バッグのブラや背中で肩ひもが寄せられるJホックのブラを選ぶと良いでしょう。

試着できないブラが欲しい時は正しいサイズを測定しよう

ブラのサイズを測る女性

通販などでブラを購入する時は試着できないことが多いです。試着できないブラが欲しい時は自分でサイズを測定して、体に合ったブラを選びましょう。

正しいサイズの測り方

ブラのサイズはトップバストとアンダーバストで求めます。

■トップバストの測り方
一番着け心地の良いブラジャーを着けた状態で、胸の最も高い位置にメジャーを当てて測ります。

■アンダーバストの測り方
ブラジャーを外した状態で、胸の膨らみの真下にメジャーを当てて測ります。メジャーを床と水平になるように当てるのがポイントです。

ブラのサイズ表記

日本で売られているほとんどのブラのサイズは「A70」のようにアルファベットと数字で表記されています。このうち、アルファベットはカップサイズ、数字はアンダーバストのサイズです。

■カップサイズ
カップサイズはトップバストとアンダーバストの差で求められます。差が7.5㎝であればAAカップ、10.0㎝であればAカップ、12.5㎝であればBカップというように、差が2.5㎝大きくなるごとに、カップサイズが上がります。

■アンダーバストのサイズ
日本で売られているブラの多くはアンダーバストが5㎝刻みで売られているので、自分に近いサイズを選ぶと、失敗が少ないでしょう。

ブラ選びで失敗したくないなら「ふんわりルームブラ」


ブラを試着せずに買う人は珍しくありませんが、ブラ選びで失敗すると、バストの形が崩れたり、締め付けに苦しんだりしなければなりません。「試着せずに、体に合ったブラを買いたい」と考えている人にはふんわりルームブラがおすすめです。

ふんわりルームブラがおすすめの理由

ふんわりルームブラはシリーズの累計販売数が100万枚を突破している大人気商品。「満足している」という口コミも多いです。ふんわりルームブラがおすすめの理由を見ていきましょう。

■睡眠中の動きに対応したナイトブラ
ふんわりルームブラ睡眠中の動きに対応しているナイトブラ。寝ている間はうつ伏せや寝返りの影響で胸がつぶれたり、重力の影響でバストの脂肪が背中や脇に流出したりしやすいですが、ふんわりルームブラを着けていると胸を守れます。

■脂肪を寄せたり上げたりしてバストアップ
独自の構造で背中や脇に流れてしまった脂肪をバストに誘導。着用して寝るだけでバストアップを目指せます。集めた脂肪は寄せたり、上げたりしてくれるので、胸の下垂も予防できるでしょう。

■ノンワイヤーで快適に着用できる
ふんわりルームブラはノンワイヤータイプ。ワイヤーが体に食い込んで辛い思いをすることはありません。ノンワイヤーですがホールド力は高いため、胸の形は崩れず、美バストをキープできます。

■フロント部分のベルトはサイズ調整可能
フロント部分に付いているベルトは3段階で調整可能。体に合わせて締めれば、ブラがずれず、小さめバストや離れ乳の人でも憧れの谷間を作れます。

■サイズ展開が豊富
ナイトブラはサイズ展開が少ない商品も多いですが、ふんわりルームブラ6サイズ展開。バストに近いサイズを選べるので、正しい方法でトップバストとアンダーバストを測れば、胸が締め付けられたり、ボリュームダウンしたりする心配がありません。

ふんわりルームブラはまとめ買いがオトク

ふんわりルームブラをお得にゲットしたい人は公式サイトでまとめ買いするのがおすすめです。

・単品購入:3,980円(税抜)
・2枚セット:7,562円(税抜)
・3枚セット:10,746円(税抜)

ふんわりルームブラ

¥4,298

販売サイトをチェック

美バストをキープしたいなら、体に合ったブラを使うことが大切です。ブラを買う時は試着したり、正しいサイズを測ったりして自分に合ったものを選びましょう。