バストケアの専門サイト

バストの悩み

バストの「たるみ」にもう悩まない!胸がたるむ原因と解決策

By 桜田華名

「バストが垂れてきたみたい」「バストラインの崩れが気になる」など、バストが大きい人ほど悩みの種となっているたるみ。年齢を重ねてもいつまでも美しいバストラインでありたいものですね。そもそもバストがたるむ原因にはどのようなものがあるのでしょうか?たるみ知らずの美バストをキープするためにも、たるみの原因と解決策は要チェックです。

バストがたるむのはどうして?

バストのたるみの原因①女性ホルモンのバランスの変化が影響している

バストに手をあてている赤いブラジャー姿の女性

バストアップやバストのハリ感、乳腺の発達に関与しているのが、エストロゲンと呼ばれる女性ホルモンです。このエストロゲンは、栄養バランスの偏った食事や乱れた生活習慣、ストレス、加齢などによって分泌量が減少するホルモンで、バストの悩みである「たるみ」を引き起こします。

バストのたるみの原因②クーパー靭帯が伸びてしまっている

バストを隠している女性

大胸筋と乳腺、そして脂肪の3つをつなぐことでバストを形成しているのが、クーパー靭帯です。網目状に乳房の内側に張り巡らされています。激しい運動やエクササイズなどによって酷使されると、伸びきってしまったり、切れてしまったりして元に戻らなくなります。

クーパー靭帯が伸びてしまうことでもバストがたるみます。その他、産後の女性の多くが感じるバストのたるみも、クーパー靭帯やバストの皮膚が伸びてしまったのが原因です。

バストのたるみの原因③猫背で普段から姿勢が悪い

猫背で車を運転中の女性

日本人のおよそ半数以上が自覚していると言われている、猫背。肩こりの原因の1つとされている猫背ですが、バストのたるみの原因にもなっています。ではなぜ猫背でバストがたるむのでしょうか?

背中を丸めると血流の循環が滞り、その結果としてバストが冷えてきます。冷えてしまえば必要な栄養分が胸に行き渡らず、バストの成長を妨げてしまいます。そしてバストのハリが失われて、たるみを引き起こしてしまうというわけなのです。

猫背の姿勢は楽だからついしてしまう人は多いでしょう。しかし猫背であることは貧弱なバスト、たるんだバストなどのデメリットを多く引き寄せてしまうだけなのです。姿勢を正しているのは辛いかもしれませんが、たるみとは無縁の美しいバストを形成したいなら、意識して猫背を改善させるしかありません。

バストのたるみの原因④大胸筋などバストに関わる筋力が低下した

 

どのパーツの筋肉もエクササイズをしないでいれば、加齢とともに自然と衰えていってしまいます。自然の摂理なので当然のことなのですが、美しいバストを維持していきたいなら大胸筋エクササイズをメインに実施して、バストのたるみを改善する必要があります。

筋トレは行った分だけ効果を実感しやすいですし、特別な道具がなくてもできるので、日々の隙間時間を利用して行なってみましょう。

バストのたるみの原因⑤下着のサイズや着用の仕方に問題がある

ブラジャーを着用中の女性

今つけているブラジャーは、バストにしっかりとフィットしているでしょうか?サポート力はどうでしょうか?下着のサイズ感は重要で、バストに合っていないものやバストサポート力の低いものを身につけていることで、バストがたるんできてしまいます。

また、朝ブラジャーをしてから一日中そのままの状態で過ごしていないでしょうか?動くのでどうしてもブラジャーとバストの位置がずれてきてしまいます。ずれてしまったブラジャーをそのままの状態にしておくことで、バストがたるんでくるだけでなく、形が崩れてしまったり、バストが潰れてしまったり、バストを形成する組織そのものに影響が出てきたりすることもあります。

バストのたるみの予防策

バストのたるみ予防策①意識して姿勢を正して生活する

姿勢を正して精神統一中の女性

もし猫背である自覚があるなら、姿勢の改善を図りましょう。始めのうちは正しい姿勢でいることに辛さを感じますが、猫背を解消することで血行が促進されます。肩こりや首のこりが緩和されたり、内臓機能の不調の回復が見込まれたりいいことばかりです。

バストのたるみを回避できる点も、猫背解消のメリットです。猫背解消のためのエクササイズもあるので実施してみましょう。

バストのたるみ予防策②バストアップエクササイズを実施する

 

二の腕のたるみやお腹のたるみなど、ボディのたるみ解消には筋トレを行うことが必要です。なぜなら筋力が低下することでボディラインが崩れてくるためです。美バストを形成する上でもたるみを予防するのに欠かせないのが、バストアップ効果のある筋トレなのです。

筋トレの他、ヨガタイプのエクササイズも動画サイトにアップされているので、チェックして続けられそうなものを実施してみましょう。

<バストアップエクササイズ①>
両手を肩にのせて、大きな円を描くように肩甲骨から思いっきり回しましょう。前後10回ずつ行ないます。

<バストアップエクササイズ②>
両掌を体の後ろ、腰部分でしっかりと組んで、できるだけ下へグッと伸ばしていきます。この動作は5回繰り返して行ないましょう。

バストのたるみ予防策③デイリーブラジャーを補正下着にする

白のブラジャー姿の女性

補正下着は比較的どんなバストの悩みも解消してくれる優れものです。小さなバストを大きく見せる他、日々の補正によって背中や脇のお肉を自然にバストとして定着させてしまう効果も期待できます。

バストの悩みの1つでもあるたるみ予防としても一役買ってくれることでしょう。最近では優秀な補正下着が、ごく一般的なブラジャーほどのリーズナブルな価格で登場しているので、ぜひチェックしてみてください。

バストのたるみ予防策④ナイトブラを着用して夜も育乳する

ベッドで眠っている女性

美バストを作り上げるのには日中だけでなく、就寝中も重要なポイントとされていて、ナイトブラの着用はメジャーになりつつあります。寝ているときに起きやすいのが、脇や背中にバストのお肉が流れていってしまう現象です。

それをしっかりと食い止めてホールドしてくれるのが、ナイトブラなのです。眠っている時間に効率よく育乳しましょう。

バストのたるみ予防策⑤常にフィット感のあるブラジャーを身につける

フィット感&サポート力のあるブラジャーを着用している女性

たるみバストに悩まされないように、毎日つけるブラジャーにはこだわりたいですね。フィット感があるかどうか、サポート力はどうか、サイズ感はしっくりきているかどうかはブラジャー選びには必須事項です。

体重に大きな変動のあったときや、「何だかブラジャーのサイズが合っていないような気がする……」そう思ったら、サイズの測り直しのタイミングです。胸にフィット感のあるブラジャーを身につけるようにしましょう。

バストのたるみの解決策

バストのたるみ解決策①大胸筋などのバストアップにつながる筋トレをする

 

たるみバストを今よりもたるませないために、バストアップ効果のある筋トレを実施しましょう。大胸筋や小胸筋を鍛えるバストアップに効果的なエクササイズを行うことで、たるんだバストを持ち上げます。

バストのたるみ解決策②サポート力高めのブラジャーを身につける

レッド系ブラジャー

一度たるんだバストをできるだけ補正したいなら、サポート力高めのブラジャーを身につけるのがおすすめです。脇や背中に流れているお肉もしっかりとバストとしてカップに入れられる補正ブラジャーも登場しています。

補正ブラジャーをつければ、たるみバストが一瞬にして美バストに変化します。使い続けることでバストの形が良くなることが期待できるでしょう。

バストのたるみ解決策③クーパー靭帯が伸びないように注意する

サポート力抜群のスポーツブラ

一旦たるんでしまったバストを元通りにすることは難しいのですが、今以上にたるまないようにすることはできます。もしクーパー靭帯が伸びたことによるバストのたるみなら、今の状態よりも伸びないように対処することが重要です。

ランニングやエアロビクスなどでバストが揺れる運動やエクササイズを行うときには、サポート力の高いスポーツブラを使用し、バストに強い刺激を与えてクーパー靭帯が伸びないようにしましょう。

バストのたるみ解決策④バストアップマッサージを実施する

バストを手で押さえている女性

乳腺の発達に関与しているのが、女性ホルモンのエストロゲンです。妊娠したときにホルモンによって刺激された乳腺が発達することで、その周辺に脂肪がつきバストが大きくなります。バストアップのポイントは乳腺にある、というわけです。

加齢やストレスなどの影響を受けやすい女性ホルモンの1種、エストロゲンの分泌量が減少すると、乳腺の発達に支障が出てバストのハリが失われてしまいます。それによってたるみが起きていることもあります。

そんなときには、バストアップマッサージで乳腺を刺激しましょう。バストアップマッサージを行うときにはバスタイム後などの体の温まっている状態のときがベストです。

<バストアップマッサージ>
①左手を右の脇の下にあてます。
②右バストの下を通って谷間をなで上げます。
③左のデコルテまで指を滑らせます。
④反対側も同じようにマッサージしましょう。
⑤右乳房の上に左手を置き、右バストの下に右手を置きます。
⑥左手は右の脇に、右手は谷間の中心に向かってなでるようにマッサージを施します。
⑦左バストも同じように行いましょう。
⑧それぞれ10回ずつゆっくりと、毎日続けるのがポイントです。

バストのたるみ解決策⑤ブラジャーのサイズを測り直す

バストサイズを測っている女性

「最近ブラジャーが合わなくなったような気がする」そう思ったらブラジャーのサイズ選びをし直す時期です。バストのたるみが起きてしまったときも同様に、一度ブラジャーのサイズを見直しましょう。

何年もバストサイズを一定に保てるかどうかというと、実はそうではないのです。極度なダイエットをしたときはもちろん、妊娠出産後や加齢、バストを形成するのに大切な大胸筋などのバストに関わる筋力の衰えが原因で、バストサイズは日々変動します。


バストの悩みである「たるみ」、自分に当てはまる原因が何かわかりましたか?原因がわかればあとは解決策を実施するのみです。一度たるんでしまったバストを元通りにすることは難しいのですが、今以上にたるまないように対策はできます。また今は良くても「この先バストのたるみが心配!」そんな人はぜひ予防策で事前に対策し、美バストを維持していきましょう。