バストケアの専門サイト

バストの悩み

胸の谷間の汗が気になる!汗が出る原因と予防策・対処法は?

By 深井麻実

谷間は汗をかきやすいため、ブラジャーが蒸れたり、汗染みができたりして悩んでいる人が多いです。ここでは、谷間に汗をかく原因や汗の予防策についてご紹介します。

【目次】

谷間の汗の悩みあるある

女性のバスト

心臓のある胸元は体の中でも汗をかきやすいパーツの一つ。特に、胸が大きく谷間がある女性は胸の汗に悩みを抱えていることが多いです。まずは、胸の谷間にかく汗の悩みあるあるをチェックしてみましょう。

■汗染みが気になる
谷間にたくさん汗をかくと、インナーで吸い取り切れなかった汗がTシャツなどのトップスに染み出します。

特に、グレーや薄いブルーなどのトップスは汗染みが目立ちやすいため、胸元にくっきりと浮かび上がった汗染みに恥ずかしい思いをした経験がある人は珍しくないでしょう。

■スプレータイプの制汗剤を使いにくい
脇などには簡単に使えるスプレータイプの制汗剤も谷間には使いにくいです。胸元に振りかけても、谷間にはしっかりと付かないため、効果を実感できないことも多いでしょう。

また、胸元にスプレータイプの制汗剤を使うと、スプレーが顔に付いて咳き込んでしまうこともあります。

■ブラジャーが蒸れて気持ち悪い
谷間に汗をかいた後はブラジャーが蒸れて不快です。ブラジャーは気軽に着替えられないため、朝に汗をかくと、一日中胸元が気持ち悪いと感じながら過ごす人も少なくありません。

■服がくっつく
胸元の汗がトップスまで染み込むと、服が胸にくっつきます。服がくっつけば、不快感があるだけでなく、下着が透けて見えたり、不潔な印象を持たれたりすることも珍しくありません。

谷間に汗をかく原因とは?

ビキニ姿の女性

谷間は全身の中でも汗が気になりやすい部位です。どうして、谷間に汗をかいてしまうのでしょうか。

谷間に汗をかく原因①胸は汗腺が多い

胸は汗を出す汗腺の量が多いです。そのため、谷間を含む胸元は汗の量が増えやすいと考えられています。特に、暑い時期は体温をコントロールして心臓を守るために、汗が大量に出されるため、胸元の汗に悩む人が増えます。

谷間に汗をかく原因②他から流れた汗が集中する

もちろん、暑い時期は谷間以外からも汗をかきます。しかし、谷間は凹んでいるため、バストトップ周辺などから出た汗が集中しやすく、汗が目立ちます。胸が大きい女性ほど、谷間に汗が流れ込みやすいため、谷間の汗のトラブルに悩むことが多いです。

谷間に汗をかく原因③ブラジャーで蒸れる

女性はブラジャーを使います。一日中、ブラジャーを着用していれば、どうしてもブラジャーの周りが蒸れてしまうため、汗の量も増えやすいです。

谷間の汗を放置するとどうなるの?

ショックを受ける女性

谷間の汗は額などの汗と比べてふき取りにくいです。そのため、汗をかいてもそのままにしている女性は珍しくありません。ところが、谷間の汗を放置していると、さまざまなトラブルが起こります。

谷間の汗を放置することで起こるトラブル①悪臭

胸の周りには嫌な臭いを出す「アポクリン腺」と呼ばれる汗腺が存在します。そのため、谷間に汗をかいた時にそのままにしておくと、悪臭が放たれることがあります。

特に、谷間の汗がブラジャーに染み込んでしまったら、悪臭に注意が必要です。ブラジャーはTシャツなどと比べて厚いため、洗濯をしても染み込んでしまった汗や雑菌が十分に取り除かれず、汗の嫌な臭いが残ることが少なくありません。

ブラジャーに臭いが残れば、汗をかいていなくても独特な臭いが続きます。

谷間の汗を放置することで起こるトラブル②あせもやかぶれ

汗が毛穴に溜まると、炎症が起こります。この炎症によって引き起こされるのが、あせもやかぶれなどの肌トラブル。あせもやかぶれにはかゆみを伴うことが多いので、気づかないうちに掻きむしってしまうと、跡が残ってしまう可能性も高いです。

特に、谷間などの汗が蒸発しにくい部分はあせもやかぶれが起こりやすいので、汗をそのままにしておくのはやめた方が良いでしょう。

谷間の汗を放置することで起こるトラブル③ニキビ

谷間を含む胸元は顔や背中と並んでニキビができやすいパーツの一つ。胸元にニキビができるのは、汗や皮脂の分泌量が多いためです。分泌された汗や皮脂を放置しておくと、それをエサにしてニキビの原因となる雑菌が繁殖してニキビができやすい状態になります。

さらに、ブラジャーのワイヤーなどがニキビに当たると、炎症が悪化し、ニキビ跡が残ってしまうことも珍しくありません。

谷間の汗を放置することで起こるトラブル④肌の黒ずみ

汗をかいた肌にブラジャーの摩擦が加わると、肌を守るためにメラニン色素が生成されることがあります。メラニン色素は黒色なので、過剰に生成されれば、肌が黒ずんで透明感が失われてしまうでしょう。

谷間の汗の予防策

胸にクリームを塗る女性

谷間は汗を拭きとりにくいため、できれば汗をかきたくありません。谷間の汗に悩みを抱えている人はできることから予防してみましょう。谷間の汗の予防策を見ていきます。

谷間の汗の予防策①クリームタイプの制汗剤を使う

スプレータイプではなく、クリームタイプの制汗剤は谷間にも使いやすいです。谷間にしっかりと制汗剤を塗り込めば、一日中サラサラな胸元をキープできるでしょう。

制汗剤は全身に使えるものなら、どれでも良いですが、汗の臭いが気になる場合は、殺菌作用があるものがおすすめです。制汗剤で菌の繁殖を抑えれば、独特の雑菌臭がなくなります。

谷間の汗の予防策②ガーゼやハンカチを挟む

谷間からツーっと汗が流れるのが心配な人や汗染みができやすい人はあらかじめ、谷間にガーゼやハンカチを挟み込んでおくのもおすすめです。ガーゼやハンカチを挟み込んでおくと、汗が吸収されるため、汗をかいても服まで染み出す心配はありません。

また、ガーゼやハンカチはコンパクトで持ち運びやすく、トイレなどですぐに取り換えられるので、汗をかいても不快感を覚えたり、菌が繁殖したりすることはないでしょう。

谷間の汗の予防策③汗パッドを使う

ガーゼやハンカチを使うと、胸元のシルエットが崩れてしまうことがあります。胸元を綺麗に見せたい人は汗を吸い取るためのパッドを使うのも良いでしょう。

ブラジャーのカップに入れて使う汗パッドを利用すると、シルエットが崩れず、周りの人から汗対策しているとバレる心配もありません。

谷間の汗の予防法④ベビーパウダーを使う

赤ちゃんの汗対策に使われているベビーパウダーは大人でも使えます。ベビーパウダーを使うと、汗が吸収されるため、汗をかいても肌がべたつかず、服が肌にくっついてしまうこともないでしょう。

ベビーパウダーは肌に優しい成分でできているため、肌が敏感な時でも安心して使えます。ただし、塗りすぎると、毛穴が塞がったり、刺激を感じたりすることがあるため、谷間の汗対策として使う場合は、薄く伸ばすように心がけてください。

谷間の汗の予防法⑤通気性の高いブラジャーを使う

蒸れやすいブラジャーを使っていると、汗が増えたり、雑菌が繁殖したりしやすいです。谷間の汗が気になる時はコットンやメッシュなどの通気性が高い素材で作られたブラジャーを使って汗や雑菌の繁殖を予防しましょう。

下着屋さんなどでは、季節に合ったブラジャーが売られているため、汗が気になる人は暑くなる前に春夏用のブラジャーを用意しておくのがおすすめです。

谷間に汗をかいた時の対策法

指をさしている女性

予防をしていても谷間に汗をかいてしまうことは珍しくありません。谷間の汗が気になったら、次のような対策をして快適に過ごしましょう。

谷間に汗をかいた時の対策法①ツボ押し

一時的に谷間の汗を抑えたい時はツボを押してみましょう。ツボ押しは半側発汗と呼ばれる現象を利用した汗対策の方法です。

■半側発汗とは?
半側発汗は体の上下左右のいずれかを圧迫すると、圧迫した方の汗が一時的に抑えられて反対側の汗が増える現象。谷間の汗を抑えたい時は上半身を圧迫すると、下半身に汗が集中します。

■ツボの押し方
乳首から3㎝程度上の部分にあるツボを左右同時に3分程度圧迫してください。痛さと気持ちよさを感じる適度な力でツボを押すと、上半身の汗が引いて、下半身の汗が増えることを実感できるでしょう。

谷間に汗をかいたときの対策法②汗拭きシートで拭く

谷間に汗をかいて気持ち悪いと感じたら、汗拭きシートで拭きとりましょう。肌がサラサラになる汗拭きシートを使えば、不快感を取り除けます。

汗拭きシートは市販のもので良いですが、汗の臭いが気になる場合は、抗菌や消臭に効果を期待できる汗拭きシートを使うのがおすすめです。

谷間に汗をかいたときの対策法③血液を冷やす

体を循環している血液を冷やせば、体温がコントロールされます。そのため、暑い時期に谷間の汗が気になったら、血液を冷やすのがおすすめです。

血液を冷やしたい時は手首や首、額などの皮膚が薄い部分に冷たい飲み物や氷などを当てると良いでしょう。

谷間の汗が気になる人には「ふんわりルームブラ」がおすすめ!


谷間の汗に悩んでいる人には、湘南美容外科との共同開発で生まれたふんわりルームブラがおすすめ。ふんわりルームブラはシリーズの累計販売枚数が100万枚を突破している大人気商品です。

ふんわりルームブラが谷間の汗対策に良い理由

谷間の汗が気になる人にふんわりルームブラをおすすめする理由は2つです。

■肌に触れる部分はコットン100%
ふんわりルームブラは肌に触れる部分が上質なコットン100%の素材で作られています。コットンは通気性が高いため、汗をかいても蒸れにくく、不快感を覚えません。

■銀で臭い対策できる
ふんわりルームブラには銀が配合されています。銀は臭い対策に良いとされる成分なので、汗をかいても、嫌な臭いに悩むことはないでしょう。

ふんわりルームブラはバストケアにも使える

ふんわりルームブラ付けて寝るだけでバストケアできることも人気の理由です。

■睡眠中の動きからバストを守る
睡眠中は寝返りやうつぶせ寝の影響で胸が潰されて、バストを吊り上げるクーパー靭帯がダメージを受けやすいです。しかし、ふんわりルームブラは睡眠中の動きに対応できるように作られているため、クーパー靭帯へのダメージを防げて、バストの下垂を予防できます。

■胸の脂肪を脇や背中に流さない
寝ている間は、重力の影響でバストの脂肪が脇や背中に流れやすいですが、ふんわりルームブラはしっかりと胸を支えて、脇や背中への脂肪の流動を防ぎます。バストの脂肪が守られれば、いつまでも谷間のあるふっくらバストをキープできるでしょう。

ふんわりルームブラで汗対策するならまとめ買いがオトク

ふんわりルームブラを公式サイトでまとめ買いすると、お得な割引が適用されます。

・単品購入:3,980円(税抜)
・2枚セット:7,562円(税抜)※5%割引
・3枚セット:10,746円(税抜)※10%割引

ふんわりルームブラ

¥4,298

販売サイトをチェック

谷間は汗をかきやすいです。汗をそのままにしておくと、悪臭がしたり、肌が荒れたりするので、汗が気になるときは通気性の良いブラジャーなどで予防したり、体を冷やして汗を抑えたりしましょう。