バストケアの専門サイト

バストの悩み

ピルでバストアップする理由とは?ピルの副作用や正しい使用の重要性

By 深井麻実

避妊や生理をコントロールするために服用するピルには、バストアップ効果があると言われています。ここでは、ピルでバストアップする理由とピルの正しい使用の重要性についてご紹介します。

ピルとは?

ピル

ピル(経口避妊薬)とは、妊娠を予防するために使われている薬のこと。ホルモン量に合わせて高用量ピル、中容量ピル、低用量ピルに分けられますが、一般的にピルは低用量ピルを指すことが多いです。

ピルの成分

ピルの主成分は、女性ホルモンのエストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)です。ピルを服用することによって、エストロゲンとプロゲステロンの割合が一定に保たれるため、妊娠を予防できます。

ピルの作用

ピルを服用すると、体内のホルモンバランスが妊娠している時と同じようになり、排卵が止まります。また、子宮頚管の粘液の粘り気が強くなるので、精子が侵入しにくくなり、望まない妊娠を予防できます。

ピルの服用方法

ピルには21錠タイプと28錠タイプがあります。体に与える影響は全く同じで、21錠タイプは偽薬を含まないもの、28錠タイプは偽薬を含むものです。

21錠タイプの場合、一日一錠のピルを21日間服用した後、7日間服用を休んで再びピルを飲みます。28錠タイプの場合は、一日一錠のピルを21日間飲んだ後、7日間偽薬を服用して、再びピルの服用を開始します。

服用をやめると再び妊娠できる状態になる

妊娠したい場合は、ピルの服用をやめると、排卵が再開されます。そのため、将来的に妊娠を望む人がピルを服用することに関して問題はないと言われています。

ピルは医師の指示に従って服用しよう

日本では、ピルの購入には処方箋が必要です。処方箋なしでは購入できないので、ピルを服用したい人は婦人科を受診しましょう。

また、ピルを安心して服用するためには、1年に一度の子宮癌検診や半年に一度の血液検査も欠かさずに受けましょう。

ピルでバストアップはするの?

バストのサイズを測る女性

ピルのバストアップ効果は厚生労働省にも認められています。では、ピルを服用するとバストアップするのはどうしてなのでしょうか。

ピルでバストアップする理由①乳腺が発達する

バストは約1割の乳腺と約9割の脂肪でできています。脂肪は乳腺を守るように付いているため、バストアップを目指すには、乳腺を発達させて脂肪を集めることがポイントです。

■乳腺は女性ホルモンで発達する
乳腺はエストロゲンやプロゲステロンの影響を受けています。エストロゲンが乳腺を増殖させ、プロゲステロンが乳腺を発達させることで、バストが大きくなるのです。

■ピルはエストロゲンとプロゲステロンのバランスを保つ
女性ホルモンのバランスは、生活習慣やストレスなどの影響で崩れます。ホルモンバランスが崩れて、乳腺が発達しなければ、バストは大きくならず、貧乳になってしまうのです。

ホルモンバランスの乱れが原因で起こる貧乳の改善に効果を期待できるのが、ピルです。ピルには、エストロゲンとプロゲステロンが入っているため、ピルを服用すると、女性ホルモンが働いて乳腺が発達し、バストアップを目指せます。

ピルでバストアップする理由②脂肪が増える

一部の人はピルを服用すると、太ります。ピルは妊娠目的で作られた薬ですが、現在は体調不良の改善を目指してピルを服用する人も増加しています。ピルを服用して体調が良くなった場合、食欲が増すので、脂肪が増えることがあるのです。

当然ですが、体全体の脂肪が増えると、バストにも脂肪が蓄積されます。バストに脂肪が集まれば、バストのボリュームが増したように感じる人も多いです。

ピルのメリット

薬を飲む女性

ピルには妊娠予防やバストアップ以外のもさまざまなメリットがあります。ピルを服用することで得られるメリットを確認してみましょう。

ピルのメリット①生理をコントロールできる

PMSや生理不順、生理痛などに悩んでいる人はピルを服用すると、症状が改善される可能性が高いです。

■PMS
女性ホルモンの分泌量は生理周期に合わせて変動しますが、ピルを服用すると、ホルモン量の変動は少なくなります。すると、ホルモン量の変動によって起こるPMSが改善されて、生理前でも快適に過ごせるようになります。

■生理不順
ピルを飲むと、一定周期で生理が来るようになります。「生理周期がバラバラで生理を予想できない」などと悩んでいる人は、ピルで悩みを解決できるかもしれません。

■生理痛
ピルには子宮内膜の増殖を抑える作用があります。生理痛は子宮内膜の厚さが影響しているので、ピルを服用すれば、辛い生理痛が和らぐ人も多いです。

ピルのメリット②美肌効果を期待できる

ピルを服用すると、ニキビや乾燥の改善にも効果を期待できます。

■ニキビ
ニキビは皮脂の過剰分泌が原因で起こることが多いですが、皮脂が過剰に分泌される原因の一つがプロゲステロンの増加です。生活習慣やストレスでプロゲステロンが増加すると、皮脂の分泌量が増加して、毛穴が詰まりやすくなり、ニキビができてしまいます。

特に、生理前はプロゲステロンが増加するので、ニキビができやすく、美肌をキープできない人も多いです。ホルモンバランスの乱れが原因でニキビができている場合、ピルを服用すると美肌を目指せます。

ピルの服用中はホルモン量が一定に保たれるので、プロゲステロンが増えすぎて皮脂が過剰に分泌されることがなくなり、ニキビもできにくくなるのです。

■乾燥
エストロゲンには肌の潤いを保つ作用があるため、女性ホルモンのバランスが乱れている時は肌の乾燥も起こりやすいです。乾燥肌になると、バリア機能が低下して肌荒れを起こしたり、小じわができたりするため、美肌からは遠ざかってしまいます。

特に、年齢を重ねた人はエストロゲンが不足しやすいため、ホルモンバランスの乱れが原因の乾燥に悩んでいる人が多いです。ホルモンバランスの乱れで乾燥している場合、ピルを服用すると、肌が潤うことがあります。

不足したエストロゲンをピルで補えば、肌の潤いが保たれるので、年齢に関係なくツヤのあるみずみずしい肌を目指せます。

ピルのメリット③多毛症を予防できる

多毛症とは、女性の体毛が男性のように多くなる病気です。原因はさまざまですが、ホルモンバランスの乱れも関係すると考えられているので、ピルでホルモンバランスを調整すると、多毛症の改善を目指せます。

ピルのメリット④一時的に生理をずらせる

ピルは旅行や結婚式などの生理が被ってほしくないイベントの時にも役立ちます。生理が被ってほしくない時は予定に合わせてピルの飲み方を変えるだけで、生理日をずらすことが可能なのです。

一般的に生理をずらす時に使うのは中容量ピルですが、低用量ピルでも生理をずらせるので、イベントが控えている人は早めに医師に相談しましょう。

ピルのメリット⑤更年期障害を緩和する

更年期障害はホルモンバランスの乱れが原因で自律神経のバランスが崩れて起こります。したがって、ピルでホルモンバランスを一定に保てば、更年期障害の緩和にも効果を期待できます。

ピルのメリット⑥さまざまな病気の予防に役立つ

ピルでホルモンバランスを整えられれば、さまざまな病気の予防にも役立つと考えられています。

■ピルで予防を期待できる病気の例
・子宮内膜症
・子宮筋腫
・卵胞嚢腫
・乳腺症
・貧血
・子宮体癌
・卵巣癌

ピルは正しく使用しましょう

ピルを持つ女性

ピルにはさまざまなメリットがありますが、誤った方法で使用すると、体に良くありません。ピルを服用する時は必ず医師の指示に従って、正しく使用しましょう。

ピルを服用する時は副作用に注意

ピルはホルモンバランスをコントロールして、体を妊娠している時の状態に近づけるものなので、さまざまな副作用を伴います。

■ピルの副作用の代表例
ピルの副作用として代表的なのは、頭痛、吐き気、倦怠感、不正出血などです。発症例は少ないですが、血管で血液の流れが妨げられる血栓症などの重篤な副作用が起こることもあります。

特に、タバコを吸っている人は血栓症を起こしやすいと考えられているため、喫煙習慣がある人がピルを服用するのは危険と言えます。

■副作用が少ない低用量ピルはバストアップ効果が低い
低用量ピルは高用量ピルや中容量ピルと比べて副作用が出にくいです。しかし、低用量ピルは含まれている女性ホルモンの量が少ないため、バストアップ効果も出にくく、多くの人は低用量ピルを飲んでもバストアップを実感できません。

ピルで肝斑ができることも

ピルを飲むと、美容面でも悪影響が及ぼされることがあります。特に、左右対称の肝斑と呼ばれるシミができる人は多いです。肝斑は一度できてしまうと治りにくいため、ピルの服用後に後悔する女性もいます。

ピルとバストアップサプリの併用は危険

バストアップサプリを服用している女性も多いですが、バストアップサプリとピルを併用するのは危険です。

多くのバストアップサプリには、女性ホルモンの働きを活発化する成分が含まれています。ピルは女性ホルモンの量を一定にコントロールするため、バストアップサプリと併用すれば、女性ホルモンが過剰になってしまう可能性が高いです。

女性ホルモンが過剰になれば、生理不順や吐き気などのトラブルが起こります。貧乳に悩んでいる人はピルとバストアップサプリの併用をやめて、健康的にバストアップを目指しましょう。

バストアップのためにピルを服用するのはNG

ピルは産婦人科などで処方されていますが、バストアップ目的でピルを処方するクリニックはありません。ピルは副作用の危険性が高く、必ずバストアップにつながるわけでもないので、リスクを冒して服用するメリットがないのです。

バストアップのためにピルを服用しても効果が現れず、体調を崩したり、肝斑ができたりすると後悔するので、貧乳に悩む人は他の方法でバストアップを目指しましょう。


女性ホルモンのバランスをコントロールするピルにはバストアップ効果がありますが、バストアップのためにピルを飲むのはリスクが高いです。ピルを飲むと、副作用で体調を崩したり、肝斑ができたりする可能性も高いので、バストに悩みを抱えている人は生活習慣の改善など他の方法でバストアップを目指しましょう。