バストケアの専門サイト

バストの悩み

産後の黒ずみケアはどうする?パーツ別に方法をチェック!

By 深井麻実

産後は顔やお腹、乳首(バストトップ)などが黒ずむ人が多いです。ここでは、産後の黒ずみが起こる原因やケア方法についてご紹介します。

産後の黒ずみに悩む女性は多い!

赤ちゃんのお世話をする女性

産後は体にさまざまな変化が起こりますが、黒ずみは産後のママを悩ませるトラブルの一つ。体のあちこちが黒ずんで不安を感じている産後ママは珍しくありません。

■産後ママの声
・一生黒ずみが残ってしまうのか不安
・黒ずみが原因で老けた気がする
・黒ずみが気になって肌が見える服を着られない
など

産後の黒ずみの原因は?

考えている女性

産後の黒ずみには3つの原因が関係していると考えられています。

産後の黒ずみの原因①ホルモンバランスの変化

妊娠から出産にかけてはお腹の中で赤ちゃんを育てるために、エストロゲンやプロゲステロンという女性ホルモンの分泌量が増加します。

エストロゲンやプロゲステロンはシミの原因として知られるメラニン色素を作りだすメラノサイトを刺激する作用があるため、妊娠中はメラニン色素が増えやすいです。

メラニン色素は黒いため、妊娠中にホルモンバランスが変化してメラニン色素が増えると、肌の黒ずみが目立つのです。

産後の黒ずみの原因②ターンオーバーの乱れ

通常、メラニン色素はターンオーバー(肌細胞の生まれ変わり)とともに、体外に排出されます。よって、メラニン色素が作られても、ターンオーバーが正常に働いていれば、肌が黒くなる心配はありません。

ところが、産後は赤ちゃんのお世話で睡眠不足になったり、ストレスが溜まったりしやすいです。睡眠不足やストレスはターンオーバーの乱れを引き起こすため、産後はホルモンバランスの乱れなどの影響で肌に溜まったメラニン色素が排出されず、黒ずみが目立ちます。

産後の黒ずみの原因③肌のかゆみ

妊娠中は妊娠前とホルモンバランスが変わるため、肌がかゆくなる人が多いです。しかし、かゆみを感じた時に肌を掻くと、刺激から肌を守るためにメラニン色素が作られます。

頻繁に肌を掻いてメラニン色素が増えれば、ターンオーバーによる排出が追い付かず、黒ずみが目立つでしょう。

黒ずみが起こりやすい部位と黒ずみが続く期間は?

鏡を見る女性

産後の黒ずみはどんなところにできて、どれくらいの間続くのでしょうか。黒ずみができる場所や続く時間には個人差がありますが、目安を確認しておきましょう。

黒ずみが起こる場所

・顔
・お腹
・脇
・ビキニライン
・お尻
・乳首

産後の黒ずみはデリケートな部分と服や下着に触れて摩擦が起こりやすい部分にできやすいです。

産後の黒ずみはいつまで続くの?


多くの場合、産後の黒ずみは時間とともに薄くなると言われています。産後の黒ずみが目立たなくなるまでに必要な期間を確認してみましょう。

■半年程度で消えることが多い
産後の黒ずみは半年程度で目立たなくなることが多いと言われています。しかし、黒ずみが目立たなくなるまでにかかる時間には個人差があり、代謝が悪い場合や高齢で出産した場合は黒ずみが薄くなるまでに1~2年程度かかることもあるようです。

反対に、代謝が良い場合や若い時に出産した場合は3か月程度で黒ずみが目立たなくなることもあります。

産後の黒ずみのケア方法

クリームを手にする女性

産後の黒ずみは時間とともに目立たなくなることが多いですが、ケアをしなければ、なかなか治らなかったり、シミとして半永久的に残ったりすることもあります。産後の黒ずみに悩んでいる人は正しいケアで美肌を取り戻しましょう。

産後の黒ずみのケア方法▶顔

妊娠すると、メラニン色素の働きが活発化するため、紫外線の影響でシミができやすくなります。また、妊娠でホルモンバランスが変化すれば、左右対称にできる「肝斑」と呼ばれるシミが目立つことも多いです。

シミや妊娠でできた肝斑は放置すると、残ったり、濃くなったりすることがあるため、産後、体調が落ち着いたら、ケアを始めましょう。

■美白化粧品を使う
ビタミンC誘導体やトラネキサム酸などが配合された化粧品はメラニン色素の働きを抑えると考えられています。産後にシミが気になったら、美白成分が配合された化粧品でスキンケアして、改善を目指しましょう。

■紫外線対策をする
紫外線を浴びると、体を守るためにメラニン色素が作られます。産後はターンオーバーが乱れがちでメラニン色素が排出されにくいので、紫外線対策を徹底して、メラニン色素の過剰生成を防ぐことが大切です。

産後の黒ずみのケア方法▶お腹

産後はおへその上下に伸びる正中線が目立ちやすいです。正中線は妊娠前から体に存在するもので、産後しばらく経つと薄くなることが多いですが、早く治したい場合は積極的にケアすると良いでしょう。

■ビタミンCを摂る
緑黄色野菜やフルーツに含まれているビタミンCはメラニン色素の働きを抑えると考えられています。

■ビタミンEを摂る
アーモンドや植物油に含まれるビタミンEはターンオーバーを促します。

■黒ずみケアクリームを使う
ビタミンC誘導体やトラネキサム酸、プラセンタなどが配合された黒ずみケアクリームをお腹に塗れば、メラニン色素の働きが弱まって、黒ずみが目立たなくなるでしょう。

産後の黒ずみのケア方法▶脇、ビキニライン、お尻

デリケートな脇やビキニライン、お尻は間違った方法でケアすると、肌が荒れたり、黒ずみが残ったりする可能性が高いです。産後の肌を美肌に戻したい時は、肌を傷つけずに正しい方法でケアすることを心がけましょう。

■黒ずみケアクリームを使う
デリケートな部分には、アルコールや防腐剤などの刺激が強い成分が入っていない黒ずみケアクリームを使いましょう。クリームを使う時は摩擦で肌を傷つけないように、優しく塗ってください。

■ムダ毛の自己処理を控える
産後、ホルモンバランスの影響で肌が敏感な時にムダ毛を自己処理すると、肌を守るためにメラニン色素が過剰に生成されることがあります。黒ずみを解消したい時はできるだけムダ毛の自己処理を控えて、肌を守りましょう。

■皮膚科に行く
セルフケアで黒ずみが改善しない場合は、皮膚科に行くのもおすすめです。皮膚科では「ハイドロキノン」という美白成分が配合された薬などで黒ずみの治療をしてもらえるでしょう。

産後の黒ずみのケア方法▶乳首(バストトップ)

乳首の黒ずみは時間とともに元に戻ることが多いです。しかし、完全に元通りにならない人もいるため、きれいな色に戻したい人はケアをしてみると良いでしょう。

■生活習慣を改善する
睡眠不足やストレスはターンオーバーを妨げます。産後は赤ちゃんのお世話で睡眠時間が削られたり、ストレスが溜まったりしやすいですが、できるだけゆっくりと休んでターンオーバーを促しましょう。

■授乳中は美白クリームに注意!
乳首に使える美白クリームはありますが、授乳中のママは使用を控えた方が良いでしょう。美白クリームを塗った乳首を赤ちゃんがくわえると、何らかの影響が出る可能性もあるので、美白クリームは卒乳後から使用するのがおすすめです。

産後はバストケアも重要

バストがきれいな女性

産後は乳首の色だけでなく、バストの形や大きさにも変化が現れます。美バストをキープしたい人は黒ずみケアと一緒にバストケアも行いましょう。

産後の胸に起こるトラブル

妊娠から出産にかけては、ホルモンバランスが変化し、母乳を出す乳腺が発達します。バストは乳腺の周りを囲むように脂肪が集まっているため、妊娠して乳腺が発達すれば、胸も大きくなりやすいです。

しかし、妊娠で大きくなった胸は産後しばらく経つと元の大きさに戻ります。そして、産後のバストが元の大きさに戻ると、ボリュームダウンや下垂などのトラブルが起こりやすいです。

産後のバストにトラブルが起こる原因

産後のバストのトラブルはさまざまな原因で起こります。代表的な原因を確認しておきましょう。

■胸の重さに耐えられなかった
妊娠中に胸が大きくなると、重さもアップします。バストはクーパー靭帯と呼ばれる組織で吊り上げられていますが、クーパー靭帯がバストの重さに耐えきれずに伸びたり、切れたりすると、産後、胸が下垂することが多いです。

■楽なブラジャーを着けていた
妊娠中から産後はホールド力が弱い楽なブラジャーを着けるママが多いです。しかし、ホールド力の弱いブラジャーを使っていると、胸にあるべき脂肪が脇や背中に流れてしまうことがあります。

胸の脂肪が流れれば、バストがボリュームダウンし、贅肉が溜まってシルエットが崩れてしまうでしょう。

■授乳の影響
授乳で赤ちゃんに乳首を引っ張られると、クーパー靭帯がダメージを受けて伸びたり、切れたりしてしまいます。クーパー靭帯が伸びたり切れたりすると、バストにハリがなくなり、下垂が目立つことが多いです。

産後ママのバストケアには「ふんわりルームブラ」がおすすめ!


バストケアは筋トレやマッサージも効果的ですが、産後のママは赤ちゃんのお世話に時間を取られてしまいがち。子育てが忙しく、バストケアの時間を確保しにくい産後のママは着けて寝るだけでバストケアできるナイトブラを使うのがおすすめです。


ここからは、累計販売数が100万枚を突破した大人気のナイトブラ「ふんわりルームブラ」についてご紹介します。

■ふんわりルームブラのおすすめポイント
・脇や背中の脂肪を胸に集めて固定する
ふんわりルームブラは楽なブラジャーを着用中に脇や背中に流れてしまった脂肪を再び胸に集めて、ホールドします。脇や背中の脂肪が胸に寄せられると、バストがボリュームアップして、背中の贅肉が気にならなくなるでしょう。

・下垂を予防する
睡眠中にバストをしっかりと上げることで、胸の下垂を予防します。

・パッドがバストを守る
下厚パッドが胸を包み込んで守ります。バストが守られると、寝返りを打ったり、うつ伏せになったりしても胸の形が崩れたり、クーパー靭帯がダメ―ジを受けたりする心配が少ないです。

・ノンワイヤーで着け心地が良い
締め付けが強いブラジャーは産後、赤ちゃんのお世話で忙しい時や寝る時に着けるのが苦痛ですが、ふんわりルームブラは着け心地の良いノンワイヤータイプ。苦しいと感じたり、睡眠を妨げられたりすることはありません。

ワイヤーが擦れて肌に刺激を与えることもないので、黒ずみが悪化する心配もないでしょう。

■まとめ買いでお得にゲット
ふんわりルームブラはまとめ買いするのがお得。2枚セットで買うと1枚当たり5%割引、3枚セットで買うと1枚当たり10%割引です。

・単品購入:3,980円(税抜)
・2枚セット:7,562円(税抜)
・3枚セット:10,746円(税抜)

ふんわりルームブラ

¥4,298

販売サイトをチェック

産後は体のさまざまな場所が黒ずみます。黒ずみが気になる人は美白化粧品を使ったり、食べ物を工夫したりして、美肌を取り戻しましょう。産後は胸にトラブルが出やすいので、黒ずみケアと一緒にバストケアも行うのがおすすめです。