バストケアの専門サイト

基本知識

ブラジャーを長持ちさせるためには正しいお手入れが大切!

By 桜田華名

せっかく買ったお気に入りのブラジャー、できればきちんとしたお手入れ方法で長持ちさせたいですよね。いつものブラジャーはどのようにお手入れしているでしょうか?ブラジャーの寿命が長くなるか短くなるかは、日頃のお手入れ次第なのです。バストを美しく保つためのブラジャーの正しいお手入れ方法をご紹介します。

ブラジャーはなぜ傷みやすいの?

ブラジャーが傷みやすい理由①細い糸やレース素材で作られている

白色ブラジャーをしている女性

ブラジャーにはレース生地や細めの糸が使われていることが多くあり、デリケートです。

「毎日つけるものだからササっと洗濯機で洗える」という思い込みは間違いで、一度洗濯機で洗ってしまうと型崩れを起こして、せっかく買ったブラジャーの機能が低下してしまいます。また美しいデザインだったのが一変し、レースがよれたり、糸が出てしまったり、毛玉がついてしまったりなどしてしまいます。

そのため、繊細な素材が使用されたブラジャーは優しく扱う必要があるのです。

ブラジャーが傷みやすい理由②構造上型崩れしやすい

ピンクのブラジャー

ワイヤーが内臓されているなど、繊細に作られているブラジャーはソフトにお手入れしないと早く傷んでしまいます。他の洗濯物と一緒に洗濯機を使って洗ったり、乱暴にもみ洗いをしたり、干すときに型崩れするような干し方をしたりするのはNGです。

またブラジャーを収納する際にギュッと押し込んで片づけるのも、ブラジャーの型崩れに影響が出やすくなるので控えましょう。

ブラジャーの洗濯方法

ブラジャーの洗濯方法①まず洗濯表示をチェックする

洗濯表示をチェック中

どの種類のブラジャーにも、必ず洗濯表示が記載されています。ブラジャーを洗濯するときには必ず見るようにしましょう。

洗濯機や漂白剤の使用はできるのかどうか、脱水方法や干し方はどうなのかなど、ブラジャーの洗濯での注意点がわかります。洗濯する前には要チェックです。

ブラジャーの洗濯方法②ストラップを外す

ブラジャーのストラップに手をかけている

ストラップの取り外しが可能なブラジャーであれば、ストラップはブラジャーと別に洗濯するのがおすすめです。ストラップは細く伸びやすいため、できるだけ長く使うには丁寧にお手入れするのがベターです。

ブラジャーの洗濯方法③ホックを留める

ブラジャーのホックを止めようとしている女性の後ろ姿

ブラジャーを洗濯していたときに、レース生地にホックが引っかかって「しまった!」と思ったことはありませんか?小さなホックで美しい生地やデザインにキズをつけてしまったのではもったいないでしょう。

ブラジャーのホックは何かに絡みやすく、引っかかりやすいので要注意です。ブラジャーを洗う際には、ホックを留めてから洗濯するようにしましょう。

ブラジャーの洗濯方法④パットがあれば外す

ブラジャーのパットを外しているところ

ブラジャーのパットが外せるタイプなら外して、ブラジャー本体とは別々に洗濯したほうがいいでしょう。ブラジャー内に入っていて取り出し不可能なタイプのパットと違い、取り外さないままブラジャーと一緒に洗うと、洗剤が残りやすいからです。パットはパットで洗うことでお肌に優しい状態を保つことができます。

ブラジャーの洗濯方法⑤手洗いがベストでも場合によっては……

洗濯ネットに入れられたブラジャー

ほとんどのブラジャーの洗濯表示には、手洗いマークが付いています。ブラジャーを洗濯するときには手間がかかったとしても、長く使用するために基本的に手洗いで行なうようにしましょう。

しかし、いつもブラジャーを手洗いするのが大変だと感じることもあるでしょう。ブラジャーの性質上、あまりおすすめではないのですが、洗濯ネットを使用してドライコースや手洗い専用コースを選んで、洗濯機で洗濯するという方法もあります。ただし場合によっては型崩れを起こすことがあるので注意が必要です。

ブラジャーの洗濯方法⑥ブラジャーの手洗いの仕方まとめ

ブラジャーを手洗いしているシーン

<ブラジャーの手洗いの仕方>

1:洗い桶、または洗面器に洗濯用洗剤を少量入れてぬるま湯を注ぎます。「冷水でもいいのでは?」と思う人もいるかもしれませんが、ブラジャーについている汚れをよく落とすには、ぬるま湯程度の温かさがあったほうがいいでしょう。

2:洗剤がよく溶けたらブラジャーを入れて振り洗い、または押し洗いで汚れや汗などを取り除きます。もみ洗いをしたくなる人もいるかもしれませんが、もみ洗いすることでブラジャーが型崩れを起こしてしまう場合もあります。できるだけもみ洗いをせずに洗濯しましょう。

3:汚れのひどい箇所があれば、押し洗いやつかみ洗いをして落とします。

4:汚れがすっきり取り除けたら、冷水でブラジャーをしっかりとすすいでください。洗剤残りがあるとお肌に炎症が出たり、ブラジャーそのものの傷みの原因を引き起こしてしまったりするので注意しましょう。

ブラジャーの洗濯方法⑦脱水は優しく行う

ブルー系のタオル

ブラジャーのすすぎをしっかりと行なったあとには脱水です。絞っての脱水はブラジャーの型崩れを起こしてしまうだけなので厳禁です。

ブラジャーを脱水する際には、大きめのタオルにブラジャーを挟み込み、上下からそっと押さえて水気をふき取ります。軽くたたきながら優しく水気を取り除いてもよいでしょう。洗濯機の脱水機能は型崩れを起こすので、使わないようにしましょう。

ブラジャーの干し方

ブラジャーの干し方①ブラジャーの型直しをする

形の整っているピンク色のブラジャー

ブラジャーを洗ったらそのままハンガーにかけて干すのでは、せっかくのブラジャーが型崩れしてしまう恐れがあります。洗ったあとはブラジャーのホックをして本来の形に型直しをすることで、カップ部分の形が変形したり、シワがついたりすることが防げます。

ブラジャーの干し方②逆さにして干す

外で乾かしているブラジャー

普通のトップスと同じような感覚で、ブラジャーの肩紐部分をそのままハンガーにかけて干していませんか?ブラジャーは水分がしっかりと拭き取れていない状態で干すので、どうしても重力の関係で下へ重みが出てきてしまいます。

そのため肩紐が伸びてしまう可能性が出てきますし、型崩れを起こしやすくなります。それを防ぐために、ブラジャーのホックをした状態で、ブラジャーのアンダー部分2ヶ所を洗濯ばさみで留め、逆さにして干しましょう。

ブラジャーの干し方③干すときには直射日光を避ける

日光

オシャレ着などを干すときには避けたい直射日光。ブラジャーを干すときにも直射日光は避けたいですね。直射日光によってブラジャーの色があせたり、黄ばみなど変色が起きたりすることがあります。

ブラジャーの干し方についても、洗濯表示が付いていることがほとんどです。陰干しマークが付いている場合は、色あせや変色を防ぐため、必ず陰干しによってブラジャーを乾かしましょう。

ブラジャーの収納方法

ブラジャーの収納方法①ワイヤーブラは形をキープさせた状態で収納する

ワイヤーブラジャーの収納

ブラジャーは型崩れをさせないのが鉄則です。美しいバストラインを作り上げるためには、ブラジャーのカップの形やワイヤーなどのコンディションが良好である必要があります。

ワイヤーブラジャーは立体的な形をできるだけ崩さずに収納するのがポイントです。ストラップはそれぞれのブラジャーのカップ内に収めて収納しましょう。

ブラジャーの収納方法②ノンワイヤーブラはコンパクト収納する

ブラジャー

ワイヤーなしのブラは柔らかいため、半分に折りたたんでストラップもたたみ込み、カップ同士をくっつけてコンパクトに収納できます。ナイトブラも同じように小さくたたんで収納しましょう。

ブラジャーの収納方法③完全に乾かしたものだけを収納する

ブラジャーを干して乾燥中

当たり前のことですが、少しでも湿った状態でのブラジャーを収納するのはNGです。湿ったまま収納することで、ニオイやカビ、シワ、変色が起きやすくなります。完全に乾かしたものだけを収納するようにしましょう。

ブラジャーの収納方法④100均ケースを利用して収納する

いろんなデザインのブラジャー

ブラジャーを収納するのにぜひ使いたいのが、100均のプラスチックケースです。さまざまなサイズと種類が取り揃えられているので、自宅のクローゼットに合い、ブラジャーを収納するのにぴったりのものが見つかるでしょう。

ブラジャーの寿命

ブラジャーの寿命の見極め方とは?

ブラジャーのストラップに手をかけている女性

素敵なデザインのブラジャーにも、残念ながら寿命があります。では、ブラジャーの寿命はいつなのでしょうか?

一般的には、ブラジャーは100回程度使用すると寿命だとされています。3日に1度のペースで同じブラジャーをつけたとすると、約1年間でそのブラジャーは寿命を迎えることとなります。1週間に1度であれば2年といったところです。

また洗濯を重ねていく上で、次のような寿命サインが出てきたなら、そろそろ新しいブラジャーへの買い替えどきと考えてもいいでしょう。

①ストラップがよれてきた
②フィット感やサポート力が落ちてきたと感じる
③毛玉があちこちに目立ってきた
④ホック部分にさびが出てきた
⑤生地にほつれが多く出てきた

年齢を重ねても美しいバストラインを維持していくためには、定期的にバストサイズを測ることはもちろんですが、それと同時にブラジャーの寿命を見極めて新しいブラジャーに買い換えることも大切です。寿命を迎えたブラジャーは、しっかりとバストをホールドする力が無くなっている可能性があるためです。

とはいえ、お気に入りのブラジャーだと処分しにくいものです。しかし、だからといってまだまだ使えると思って使い続けていて、それが美しいバスト形成の妨げになっていることにも繋がります。ブラジャーとしての機能面や生地の傷み具合などからトータル的にチェックして、処分するか否か判断したほうがいいでしょう。


バストの形を補正し、バストラインを維持するために着用するブラジャー。お手入れの仕方次第ではお気に入りのブラジャーを長く使用できるでしょう。しかしブラジャーにも寿命があることを踏まえて、ブラジャーそのものの状態を時にはチェックして買い替え時を見極めるのも重要です。
ブラジャーの正しい洗濯方法・収納方法をしっかり覚えて、大事にお手入れしつつ、お気に入りのブラジャーを長く使えるようにしましょう。