バストケアの専門サイト

基本知識

フィットネスには運動用ブラジャーが必須!スポーツブラの選び方は?

By 深井麻実

フィットネスをする時は揺れから胸を守るために、運動用のブラジャーを着用する必要があります。ここでは、フィットネス時の胸の揺れが原因で起こるトラブルやフィットネス用のブラジャーの選び方についてご紹介します。

フィットネス用のブラジャーはどうする?

考えている女性

健康のために、ジムで筋トレをしたり、ランニングやヨガを習慣づけていたりする女性は多いです。運動の時は動きやすく、速乾性や防臭効果に優れたウェアを着る女性が多いですが、ブラジャーはどんなものを使っているのでしょうか。

フィットネスの時はスポーツブラを使う人がいる一方で、普段と同じブラジャーやリラックス用のノンワイヤーブラ、ブラトップなどを着けている人もいます。

しかし、普通のブラジャーは運動時の動きに対応していません。実際、一般的なブラジャーを着けた状態で腕を大きく上げたり、体をひねったりすると、ブラジャーがずれることが多いでしょう。

ブラジャーがずれると、運動の衝撃で胸が揺れて、美バストから遠ざかってしまいます。
 

フィットネス時の胸の揺れが引き起こすトラブル

女性のバスト

フィットネスの時に運動用のブラジャーを使わず、胸が揺れてしまうと、どんなトラブルが起こるのでしょうか。胸の揺れが原因で起こる代表的なトラブルを見ていきましょう。

胸の揺れが原因で起こるトラブル①バストが垂れる

胸にはクーパー靭帯と呼ばれる組織が存在します。クーパー靭帯は主にコラーゲンで構成されていて、バストを吊り上げたり、胸の丸みを守ったりする働きを担っています。

クーパー靭帯には多少の伸縮性がありますが、体の動きに合わせてクーパー靭帯がゴムのように伸びたり、縮んだりすることはありません。そのため、運動時の衝撃でバストが大きく揺れると、クーパー靭帯が伸びてバストを吊り上げられなくなることが多いです。

クーパー靭帯によって吊り上げられなくなったバストは重力と共に下垂するため、バストトップの位置が下がり、胸が小さく見えることも珍しくありません。

胸の揺れが原因で起こるトラブル②バストの形が崩れる

フィットネスで胸が揺れてクーパー靭帯が伸びると、バストの丸みをキープできません。丸みが維持されなくなると、デコルテ部分がそげたり、バストが横に広がったりして、バストの形が崩れます。

バストの形が崩れると、下着がフィットしなくなり、体全体のシルエットも美しく見えないでしょう。

胸の揺れが原因で起こるトラブル③バストがボリュームダウンする

クーパー靭帯が伸びると、バストに脂肪をキープできません。キープできなくなった脂肪が重力などの影響で脇や背中に流れると、バストがボリュームダウンする可能性も高いです。

また、バストの脂肪が流れれば、脇や背中に贅肉が増えて、ブラジャーと体の境目に段差ができたり、老けて見えたりすることもあります。

胸が小さくてもフィットネス用のブラジャーは必要!

胸が小さい人は「私の胸は揺れない」と考えてフィットネス用のブラジャーを用意しないことも多いです。しかし、フィットネスによる揺れは胸の大きさに関係なく発生するため、バストを守るためには、胸のサイズに関係なくフィットネス用のブラジャーを使う必要があります。

フィットネス用のブラジャーを使わずに運動すると、脂肪が流れたり、胸が垂れたりしてさらにバストが小さくなることもあるので、胸が小さくても油断は禁物です。

フィットネス用ブラジャーの選び方

フィットネス用のブラジャーを着用している女性

フィットネスの時は下着メーカーやスポーツブランドから販売されているスポーツブラを使いましょう。スポーツブラにはさまざまな商品がありますが、選ぶ時は次のポイントを確認すると、失敗が少ないです。

フィットネス用ブラジャーの選び方①ホールド力

運動をする時は、普段と比べて胸が揺れやすいです。フィットネス用のブラジャーを使っても胸を支えられなければ意味がないので、フィットネスの時は適度なホールド力のブラジャーを選びましょう。

■激しい運動をする場合
ランニングやジョギングなどの激しい運動をする時は、しっかりとバストを支えるホールド力のあるスポーツブラを使うのがおすすめです。バスト全体を固定できるスポーツブラを使えば、胸が上下左右に揺れず、運動中もクーパー靭帯を守れます。

■長時間運動をする場合
ウォーキングなどの軽い運動を長時間行う時に、ホールド力の強いスポーツブラを使うと、不快感を覚えます。疲れやすくなったり、肩が凝ったりする場合は、ホールド力が弱めのスポーツブラを使うのも良いでしょう。

フィットネス用のブラジャーの選び方②サイズ

サイズが大きすぎるブラジャーを使っていると、カップとバストの間に隙間ができるので、運動時にバストを支えられません。反対に、サイズが小さいブラジャーを使うと、血行が妨げられたり、体を動かしにくくなったりするため、フィットネスの効果が下がります。

フィットネスをする時はサイズの合ったブラジャーを使いましょう。

■ブラジャーのサイズの測り方
ブラジャーのサイズを知りたい時はトップバストとアンダーバストを測定しましょう。

<トップバストの測り方>
胸の膨らみの最も高い位置にメジャーを当てて測ります。胸を持ち上げるか、着け心地の良いブラジャーを着けた状態で測るのがおすすめです。

<アンダーバストの測り方>
胸の膨らみの真下にメジャーを当てて測ります。床と平行にメジャーを当てることがポイントです。

■スポーツブラのサイズ表記
一般的にスポーツブラは「S」「M」「L」などとサイズが書かれています。購入時はサイズの詳細を確認し、自分のトップバストとアンダーバストに合ったものを選びましょう。

一部の下着メーカーでは「A70」のように一般的なブラジャーと同じサイズ表記のスポーツブラが売られているので、ぴったりと合うブラジャーが欲しい人は確認してみましょう。

フィットネス用のブラジャーの選び方③運動の種類に合ったもの

運動の種類によって体の動かし方は違うため、しっかりとバストを守りたいなら、運動の種類に合わせてブラジャーを選ぶのもおすすめです。

■ランニングやジョギングなど
激しい動きでもバストを揺らさないスポーツブラを選びましょう。走る時は腕を動かすため、ストラップは腕の可動範囲が広いクロスタイプがおすすめです。

■ウォーキングなど
長時間着用しても疲れないスポーツブラを選びましょう。ストラップは通常のブラジャーと同じ肩紐タイプが疲れにくいです。

■ヨガやピラティスなど
体をひねってもずれないスポーツブラを選びましょう。ストラップは肩甲骨を動かしやすいY字タイプが適しています。

■フィットネスクラブでの筋トレなど
運動中もずれにくく、肩や背中を動かしやすいスポーツブラを選びましょう。ストラップは背中を動かしやすいH字タイプや腕と肩を動かしやすいクロスタイプが合っています。

フィットネス用のブラジャーの選び方④機能

スポーツブラにはさまざまな機能が付いています。快適に運動したり、美しく見られたりしたい人は機能も確認しておきましょう。

速乾
運動中は汗をかきやすいです。汗が残ると、菌が繁殖して肌荒れを起こしたり、体温が下がって体調を崩したりすることがあるので、汗が気になる人には速乾性に優れたスポーツブラがおすすめです。

■防臭
汗をかくと、雑菌が繁殖してブラジャーから嫌な臭いがすることも珍しくありません。臭いを予防したい人は銀などの防臭効果を期待できる成分が含まれたブラジャーを使いましょう。

■胸の形を整える
フィットネス時も胸の形を綺麗に見せたい人はバストの形を整えてくれるブラジャーを使いましょう。下着メーカーでは、胸を美しく見せるスポーツブラがたくさん販売されています。

フィットネス用のブラジャーの選び方⑤着脱のしやすさ

フィットネスクラブなどに通う場合は素早く着脱できるスポーツブラが便利です。特に、運動後は汗をかいていてブラジャーを脱ぎにくいので、暑い時期や汗かきの人はスムーズに着脱できるブラジャーを選ぶのが良いでしょう。

フィットネス用のブラジャーの選び方⑥デザイン

お気に入りのデザインのブラジャーを着用するとフィットネスへのやる気が高まります。下着メーカーからは可愛いデザインのスポーツブラも多数販売されているので、フィットネスを楽しみたい人はお気に入りの1枚を見つけましょう。

フィットネス用のブラジャーの選び方⑦価格

スポーツブラは1,000円台から10,000円以上までさまざまな価格で販売されています。価格と品質が比例するとは言い切れませんが、安すぎるものはホールド力が弱かったり、動きにくかったりすることもあるので、価格だけで選ぶのはやめた方が良いでしょう。

フィットネス用のブラジャーを買う時は試着がおすすめ

フィットネス用のブラジャーを着けている女性

実店舗でフィットネス用のブラジャーを買う時はできるだけ試着をしましょう。

フィットネス用のブラジャーの着け方

1.ボトムスを穿く時のように足からブラジャーを通します。
2.ストラップを肩に掛けます。
3.胸の形を整えます。

多くのスポーツブラは足から体に通しますが、ホックが付いたものは一般的なブラジャーと同じように着用します。着け方を間違えると、十分に胸を支えられないので、着用方法がわからない場合は、店員さんに聞いてから正しい方法で着けましょう。

フィットネス用のブラジャーを試着する時のポイント

フィットネス用のブラジャーを試着する時は、ブラジャーを着けてから軽く体を動かしましょう。体をひねったり、屈伸したりしてもずれず、苦しくないブラジャーは体に合っています。

反対に、体を動かした時にずれたり、食い込んだりするブラジャーは体に合っていない可能性が高いので、他の商品を試してみるのがおすすめです。

自宅でのバストケアには「ふんわりルームブラ」


フィットネスの時はスポーツブラを使うのが大切ですが、寝る時や自宅でのリラックスタイムは「ふんわりルームブラ」でバストケアするのがおすすめです。

ふんわりルームブラとは?

ふんわりルームブラは湘南美容外科との共同開発で生まれたナイトブラ。睡眠中もしっかりとバストを支えて、下垂やボリュームダウンを予防します。

ふんわりルームブラの魅力

・脇や背中への脂肪の流出を予防し、胸に脂肪を集めてバストアップ
・バストを持ち上げて下垂を予防
・フロント部分のベルトでバストを寄せて、谷間をメイク
・ノンワイヤーで着け心地が良い
・デザインが可愛い
実際、ふんわりルームブラを使っている人からは「3カップアップした」「人生初の谷間ができた」「苦しくないのに補正できる」などの感想が集まっています。

ふんわりルームブラはまとめ買いがおすすめ

ふんわりルームブラは公式サイトでまとめ買いするのがおすすめ。まとめ買いすると、洗い替えを用意できてお得な割引も受けられます。

・単品購入:3,980円(税抜)
・2枚セット:3,980円(税抜)※5%オフ
・3枚セット:10,746円(税抜)※10%オフ

ふんわりルームブラ

¥4,298

販売サイトをチェック

胸が揺れると、バストが下垂したり、ボリュームダウンしたりする可能性が高いです。フィットネスでは、運動用のブラジャーを使って胸を守りましょう。