バストケアの専門サイト

バストアップ

エクササイズで胸は大きくなる?おすすめのバストアップエクササイズ

By 三上 礼

バストアップにはエクササイズが効果的です。バストアップエクササイズに興味があるけれど、どんなエクササイズをすれば良いのかよくわからない女性は多いと思います。今回はバストアップにおすすめのエクササイズを詳しくご紹介していきます。ぜひチェックしてみてください。

バストアップエクササイズとは?

エクササイズする女性

今回は、バストアップエクササイズについて詳しくご紹介します。

あなたは、

・最近バストがたるんできたな
・バストのサイズが小さくてどうにかしたい
・バストアップしたい

といったバストの悩みを抱えていませんか。

そんなバストの悩みを、バストアップエクササイズで解消することができます。

バストアップエクササイズとは、バストを支えている大胸筋などの筋肉をほぐしたり鍛えることで、バストアップさせる土台を作る運動を指します。

本記事では、

・バストの構造
・バストアップエクササイズの効果
・おすすめのバストアップエクササイズ

の3つをメインに、詳しく解説をしていきます。

ぜひチェックして、自分の理想とするバストを手に入れましょう。

バストの構造

バスト

まずは、バストの構造についてご紹介します。

エクササイズに大きく関係しているバストの構造は、

・乳腺
・大胸筋

の2つです。それぞれ詳しく解説をしていきます。

バストの構造▶︎乳腺

バストの構造1つ目は、乳腺です。そもそも乳腺とは、乳房に存在する乳を分泌する線です。
乳腺とバストアップは密接な関係にあります。

まずバストアップをさせるには、

①女性ホルモンが分泌される
②乳腺が発達する
③胸の脂肪が増加する
④バストアップする

の4つのステップが必要です。

女性ホルモンが分泌され、スムーズに胸に届いたら、乳腺が発達し、胸の脂肪が増加して、結果バストアップするといった流れになります。

乳腺は胸の脂肪を増加させるカギです。乳腺を発達させるには、分泌された女性ホルモンがスムーズに胸に届けられることがマストですが、血行不良などに陥っていると滞ってしまいます。

エクササイズをすることで、新陳代謝がよくなり、血行を改善させることができるので、結果として胸を大きくすることができるのです。

バストの構造▶︎大胸筋

バストの構造2つ目は、大胸筋です。バストを支えているのは、大胸筋と呼ばれる筋肉です。
大胸筋は、バストアップをさせるための土台を作る筋肉としてもよく知られています。

大胸筋は、

・筋トレをしない
・加齢

といったことが重なると、弱ったり衰えてしまいます。大胸筋が弱ってしまうと、バストが垂れてきてしまいます。

そこで、エクササイズをすると、大胸筋が鍛えられ、バストを元に合った場所まで戻すことが可能になります。年齢を重ねることによる大胸筋の衰えは、改善するのに時間がかかりますが、粘り強く筋トレをしたり、なるべく若いうちから筋トレを開始すれば胸が垂れたりするのを防ぐことができます。

バストアップエクササイズの効果

バストの大きい女性

次は、バストアップエクササイズの効果についてご紹介します。

バストアップエクササイズの効果は、

・バストアップの効果が高まる
・下垂れを防止する事ができる
・血行が改善される

の3つあります。それぞれ詳しく解説していきます。

バストアップエクササイズの効果▶︎バストアップの効果が高まる

バストアップエクササイズの効果1つ目は、バストアップの効果が高まるです。

大胸筋を鍛えると、乳腺の発達を促すことができます。乳腺の発達が促進されることで、バストは大きくなっていきます。

バストアップエクササイズは、大胸筋を鍛えたり、ほぐすものです。そのため、バストアップエクササイズをすることで、バストアップの効果がグンと高まるのです。

バストアップエクササイズの効果▶︎下垂れを防止することができる

バストアップエクササイズの効果3つ目は、下垂れを防止することができるです。

バストアップエクササイズでは、先ほどからご紹介しているように、バストを支えている大胸筋を鍛えたりほぐすことができます。大胸筋を鍛えたり、ほぐしてあげることで、胸の下垂れを防止できます。

悲しいですが、年を重ねるごとに、大胸筋は衰えていく一方です。そこで定期的に、バストアップエクササイズをして、大胸筋を鍛えることが大切なのです。

特に加齢による下垂れした胸は、ほとんど元に位置に戻らないと思って良いでしょう。若いうちから定期的なバストアップエクササイズをするのと、年齢を重ねてもバストアップエクササイズを続けることで、老化を遅めることができるでしょう。

バストアップエクササイズの効果▶︎血行が改善される

バストアップエクササイズの効果3つ目は、血行が改善されるです。バストアップエクササイズは、血行を改善してくれます。血行が改善すると、分泌された女性ホルモンがスムーズに胸へ運ばれやすくなります。

そのため、胸の脂肪が増加するので、バストアップに繋げることができるのです。

バストアップには、女性ホルモン以外にも女性ホルモンと同じような作用をもたらしてくれるイソフラボンと呼ばれる栄養素があり、これもバストアップに効果があると言われています。
こういった食事から得られる栄養素も、血行が改善されることで胸に届きやすくなります。

おすすめのバストアップエクササイズ

バストアップエクササイズをする女性

次は、おすすめのバストアップエクササイズについてご紹介します。

バストアップエクササイズには、目的に合わせて様々な種類があります。

おすすめのバストアップエクササイズは、

・バストの土台を作るエクササイズ
・下垂れに最適なエクササイズ
・筋肉ほぐしのエクササイズ

の3つです。それぞれ詳しく解説していきます。

おすすめのバストアップエクササイズ▶︎バストの土台を作るエクササイズ

おすすめのバストアップエクササイズ1つ目は、バストの土台を作るエクササイズです。

まず、バストの土台を作るエクササイズでは、背中や脇にある余分な贅肉をケアするために、姿勢を正しながらバストアップを図ります。

バストの土台を作るエクササイズのステップは以下の通りです。

<バストの土台を作るエクササイズ>

①椅子に座る
②両手を背中の後ろで組みながら肘を伸ばす
③肩を後ろにゆっくり回していく(約8回)
④上記を1回あたり2セットずつ行う

肘を伸ばす時のポイントは、肩甲骨がくっつくようなイメージです。バストの土台を作るエクササイズは、力強いイメージではなく、ゆっくり筋肉をほぐしていく感覚です。

おすすめのバストアップエクササイズ▶︎下垂れに最適なエクササイズ

おすすめのバストアップエクササイズ2つ目は、下垂れに最適なエクササイズです。

垂れている胸におすすめなのが、大胸筋を伸ばすエクササイズです。

下垂れに最適なエクササイズのステップは以下の通りです。

<下垂れに最適なエクササイズ>
①椅子に座る
②両手を頭の後ろに置く
③息を吸って肘を開く
④顎をあげて目線を上にあげる
⑤上記の姿勢のままキープして、大胸筋を伸ばす
⑥息を吐きながら肘を閉じる

姿勢をキープするのは約3〜5秒程度です。
息を吸ったり、吐いたりする呼吸に集中してエクササイズをするのがポイントです。

おすすめのバストアップエクササイズ▶︎筋肉ほぐしのエクササイズ

おすすめのバストアップエクササイズ3つ目は、筋肉ほぐしのエクササイズです。筋肉をしっかりほぐして、バストの土台を作るエクササイズとなります。

筋肉ほぐしのエクササイズは以下の通りです。

<筋肉ほぐしのエクササイズ>

①椅子に座る
②顔の前で肘を曲げて、肩の力が抜けた位置に置いておく
③息を吸って胸を開く
④息を吐きながら肘を元の場所に戻して、肘と肘を合わせる
⑤上記を1日10回1セットが目安

肘と肘を合わせる時は、肘に力を入れるのがポイントです。肘と肘に力を入れるこの動作によって、大胸筋が刺激されるのです。

バストアップエクササイズをする時の注意点

指をさす女性

最後に、バストアップエクササイズをする時の注意点についてご紹介します。バストアップエクササイズは、正しく行うのが基本です。効果的にバストアップを進める上で、しっかりと注意点を理解しておきましょう。

バストアップエクササイズをする時の注意点は、

・正しいフォームを守る
・血行が良いタイミングで行う
・継続できるものを選ぶ

の3つあります。それぞれ詳しく解説していきます。

バストアップエクササイズをする時の注意点▶︎正しいフォームを守る

バストアップエクササイズをする時の注意点1つ目は、正しいフォームを守るです。

エクササイズは、正しいフォームで行うことが基本です。間違ったエクササイズでは効果がありませんし、逆にバストが小さくなる可能性もあります。

姿勢やバスト、顔の位置などを正しいところでキープしましょう。

バストアップエクササイズをする時の注意点▶︎血行が良いタイミングで行う

バストアップエクササイズをする時の注意点2つ目は、血行が良いタイミングで行うです。

バストアップエクササイズは、

・お風呂上がり
・ストレッチ後

などの血行が良いタイミングで行う方が、バストアップ効果が高まります。

血行が良い状態は、正常に女性ホルモンが分泌されていれば、乳腺の発達が促進されるので、胸の脂肪が効率的に増えていきます。

乳腺の発達を効率的に促すために、エクササイズは血行の良いタイミングで行うようにしましょう。

バストアップエクササイズをする時の注意点▶︎継続できるものを選ぶ

バストアップエクササイズをする時の注意点3つ目は、継続できるものを選ぶです。

バストアップエクササイズは、1回や2回するだけのエクササイズでは胸に効果はありません。継続してエクササイズをすることが必要になります。

エクササイズのメニューを選ぶ時は、続けられるものを選びましょう。せっかくエクササイズを始めたら、まずは1〜3ヶ月程度は続けてみましょう。
きっと自分のバストの変化に驚くと思います。


今回はバストアップエクササイズについてご紹介しました。バストアップエクササイズには様々な種類があり、それぞれ目的に合わせてやり方が異なってきます。まずバストアップエクササイズをするにあたり、自分はどのバストの悩みで悩んでいるのかもチェックしましょう。年齢を重ねることによるバストの悩みは、時間をかけても元通りにならないかもしれません。美しく大きなバストを維持・手に入れたい方は、なるべく早めにバストアップをしましょう。バストアップエクササイズは他のバストアップよりも効果が期待できるので、ぜひこの機会にトライしてみてください。