バストケアの専門サイト

バストの悩み

鳩胸さんは猫背になりやすい!?関係性と両方を治す方法をご紹介

By 深井麻実

鳩胸の人は猫背になりやすいと考えられています。ここでは、鳩胸と猫背の関係や両方の改善を目指せるストレッチとエクササイズのやり方などについてご紹介します。

鳩胸とは?

胸に手を当てる女性

鳩胸は胸元が前に突き出ているイメージがありますが、具体的にどんな状態なのでしょうか。

鳩胸の特徴

鳩胸は胸の中心にある胸骨が前に突き出た状態のこと。胸郭が変形して前に出ている状態がハトに似ていることから「鳩胸」と呼ばれています。

鳩胸が見つかるのは3歳から10歳ごろで、軽度の場合は成長とともに目立たなくなります。しかし、重度の場合は大人でも鳩胸が目立ち、コンプレックスを感じている人も珍しくありません。

なお、鳩胸は男女ともに発生しますが、割合は女性よりも男性が多いです。

■鳩胸の見分け方
胸が前に膨らんでいるように見えたり、胸元を触った時に骨が前に出ているように感じたりする場合は、鳩胸の可能性があるでしょう。正確に鳩胸かどうかを知りたい時は形成外科などを受診してください。

鳩胸の種類

鳩胸は形によって3種類に分けられます。

■胸の下部が突き出している種類
鳩胸の中で最も多い種類。鳩胸全体の約67%を占めています。胸を鷲掴みされているような見た目が特徴です。

■左右非対称の種類
下が突き出している鳩胸に次いで多い種類。鳩胸全体の約28%です。左右どちらかの胸の外側が前に突き出しています。

■胸の上部が突き出している種類
鳩胸の中ではまれな種類。鳩胸全体の約5%です。

鳩胸の影響

鳩胸は外見と健康面に影響を及ぼすことがあります。

■外見への影響
・太って見える
鳩胸の人は胸板が厚いので、体重よりも太って見られることが多いです。また、胸元に合わせて服を選ぶと、ウエストが余り、上半身のシルエットがダボっとするため、着ぶくれすることもあります。

・バストに谷間ができにくい
鳩胸の人は胸元が前に突き出しているため、バストに谷間ができにくいです。特に、胸の中心が前に突き出している場合は、バストにボリュームがあっても谷間を作れません。

・鳩胸を気にして姿勢が崩れる
鳩胸をコンプレックスに感じている人は無意識に体を丸めたり、肩を内側に寄せたりして姿勢が崩れます。

■健康面への影響
鳩胸は一般的に健康面で無症状のことが多いです。しかし、高齢になると呼吸器に影響が出て、肺気胸などになることもあります。

鳩胸の原因は?

考えている女性

鳩胸になってしまうのは、どうしてなのでしょうか。原因を確認していきましょう。

鳩胸の原因①先天性

遺伝は鳩胸の代表的な原因です。家族や親戚に鳩胸の人や胸元が凹んだ漏斗胸の人がいる場合は、遺伝で鳩胸になったと考えて良いでしょう。

鳩胸の原因②後天性

生まれつき鳩胸でなくても、後天的な原因から鳩胸になることもあります。

■幼少期の病気
幼少期に骨が変形したり、骨の成長が妨げられたりする「くる病」などの病気にかかると、胸骨に影響が出て鳩胸になる可能性があります。幼少期の病気が原因で起こる鳩胸は病気の治療が進むと改善されることが多いため、適切な治療を受けることが重要です。

■幼少期の肥満
幼少期に太っていると、胸骨が膨らんで鳩胸になる可能性があります。幼少期の肥満が原因で鳩胸になった場合、成長してからやせ型になっても、自然に鳩胸が治ることは少ないです。

鳩胸の人は猫背になりやすい!?

注意する女性

猫背になると、見た目が良くなく、肩こりや腰痛が引き起こされることもあります。また、長期間に渡って猫背であれば、バストの成長が妨げられたり、バストが下垂したりすることも多いです。そのため、猫背は外見上も健康上も好ましくないと考えられています。

ところが、鳩胸の人は猫背になりやすいです。鳩胸と猫背にはどんな関係があるのでしょうか。

鳩胸の人が猫背になる原因

鳩胸の人が猫背になってしまうのには、2つの原因が関係しています。

■鳩胸の人は体のバランスを保ちにくい
鳩胸の人は重心が前に引っ張られるため、体のバランスを保ちにくいです。体のバランスを保てなくなると、背中が曲がり、猫背になります。

■コンプレックスで胸を引っ込める
鳩胸の人は体にコンプレックスを持っていることが多いです。コンプレックスがあると、突き出た胸元を隠すために、背中を丸めて胸を引っ込めたり、肩を体の内側に持っていったりして猫背になると考えられています。

猫背を治せば鳩胸も改善できる?

胸骨は軟骨を介して背骨につながっています。そのため、背筋を鍛えて猫背を治すと、胸骨が後ろに引っ張られて鳩胸が改善される可能性があります。

ただし、姿勢を正すことで改善を期待できるのは軽度な鳩胸だけです。重度な鳩胸は自力で解消するのが難しいため、病院で適切な治療を受けましょう。大人の鳩胸の治療には手術が実施されることが多いです。

鳩胸と猫背を改善する方法

鏡を見て喜ぶ女性

鳩胸が気になっている人は猫背を解消して、鳩胸の改善を目指しましょう。ここからは、猫背や鳩胸の改善を期待できる方法についてご紹介します。

鳩胸と猫背を改善する方法①ストレッチ

1.椅子に座って背筋を伸ばします。
2.手のひらが上を向くようにゆっくりと両手を上げます。
3.ゆっくりと両手を下げて膝に置きます。
4.力を抜いて5秒間キープします。
5.3~5回繰り返します。

鳩胸と猫背を改善する方法②エクササイズ

■ダンベルを使ったエクササイズ
1.水を入れた500mlのペットボトルを用意します。
2.床に寝転び、胸の前でペットボトルを持ちます。
3.息を吸いながらペットボトルを頭の上に持っていきます。
4.ペットボトルを床に付けます。
5.息を止めて肋骨に力を入れます。
6.元に戻ります。
7.10回×3セット繰り返します。

■バランスボールを使ったエクササイズ
1.背筋を伸ばして立ち、両手でバランスボールを持ちます。
2.膝を曲げてスクワットの状態になります。
3.手を天井に向かって大きく上げながら、立ち上がります。
4.10回×3セット繰り返します。

鳩胸と猫背を改善する方法③ヨガ

#

■猫のポーズ
1.手足を肩幅程度に開いて四つ這いになります。
2.息を吸い込みながら頭と尾てい骨を上に向けて背中を反らせます。
3.息を吸いながら頭を下げて背中を丸めます。
4.5回程度繰り返します。

■犬のポーズ
1.手を肩幅、足を腰幅に開いて四つ這いになります。
2.息を吐きながら膝と肘を伸ばして床と体で正三角形を作ります。
3.お尻を天井に向かって突き出しながら5呼吸キープします。
4.5回程度繰り返します。

鳩胸と猫背を改善する方法④姿勢矯正ベルトを使う

無意識のうちに、猫背になっているのを防ぎたい時は姿勢矯正ベルトを使うのも良いでしょう。姿勢矯正ベルトは背筋を伸ばしたり、肩甲骨を寄せたりすることで正しい姿勢に導いてくれます。

鳩胸と猫背を改善する方法⑤意識的に背筋を伸ばす

鳩胸の人は重心が前に引っ張られたり、姿勢にコンプレックスを感じていたりするため、無意識の間に背中が丸まっていることが多いです。

どれだけストレッチやエクササイズを頑張っても、無意識に背中を丸めていると、なかなか猫背は改善されないため、鳩胸と猫背を治したいなら、意識的に背筋を伸ばしましょう。背筋を伸ばす習慣をつけておくと、少しずつ猫背が目立たなくなってきます。

鳩胸さんのバストトラブルにはナイトブラ

寝ている女性

鳩胸の人は胸に谷間ができなかったり、胸板が厚い分、実際のバストサイズと見た目にギャップが出たりとバストにも悩みを抱えていることが多いです。鳩胸でバストにも悩みがある人はナイトブラを使って理想のバストを目指しましょう。

ナイトブラに期待できる効果

ナイトブラとは寝る時に着用するために作られたブラジャーのこと。昼用のブラジャーのようにバストを綺麗に見せる効果以外にもさまざまな効果を期待できます。

■バストのボリュームダウンを防ぐ
睡眠中はあらゆる方向からバストに重力がかかります。バストの脂肪は柔らかく、移動しやすい性質を持っているため、寝る時にしっかりと支えていなければ、脂肪が脇や背中に流れることが多いです。

脂肪が脇や背中に流れると、バストはボリュームダウンして、谷間も作れません。特に、鳩胸の人は谷間ができにくいため、バストを守らずに寝ていると、理想のバストから遠ざかってしまう可能性が高いです。

一方、ナイトブラを使うと、睡眠中もしっかりとバストを支えられます。バストの脂肪を支えて胸を守れば、ボリュームダウンしにくくなり、形が崩れる心配もありません。

■垂れ乳を防ぐ
睡眠中は寝返りを打ったり、うつ伏せになったりして無意識のうちにバストを潰していることが多いです。バストを潰してしまうと、胸の脂肪を吊り上げるクーパー靭帯がダメージを受けるため、バストの下垂が進みます。

しかし、ナイトブラをして寝れば、クーパー靭帯へのダメージを抑えられるため、バストが垂れにくくなり、いつまでも美バストをキープできます。

■バストアップも期待できる
脇や背中からバストに脂肪を集める機能が付いたナイトブラを着けると、寝ているだけでバストアップを期待できます。バストにボリュームが出れば、鳩胸でも谷間を作りやすくなるでしょう。

鳩胸さんのナイトブラ選びのポイント

鳩胸の人がナイトブラを選ぶ時は2つのポイントをチェックしましょう。

■着け心地
鳩胸の人は着用時に苦しいと感じないナイトブラを選ぶのがポイントです。苦しいナイトブラを使っていると、血行が妨げられたり、ぐっすりと寝られなかったりしてバストの老化が進みます。

また、着け心地の悪いナイトブラを使っていると、楽な姿勢を取るために、無意識に猫背になることもあります。特に、鳩胸の人は猫背になりやすいため、楽な付け心地のナイトブラでバストケアするのがおすすめです。

■バストを寄せる力
鳩胸の人は谷間ができにくいため、胸にくっきりとした谷間が欲しい人は脂肪を寄せる力が強いナイトブラを選びましょう。

鳩胸さんにおすすめのナイトブラNo.1は「ふんわりルームブラ」


最近はさまざまなブランドからナイトブラが登場していますが、鳩胸に悩む女性には湘南美容外科との共同開発で作られた「ふんわりルームブラ」がおすすめです。


ふんわりルームブラは累計販売数が100万枚を突破した「Angellir(アンジェリール)」シリーズの商品で、使用している人の満足度は98.6%に達しています。

■ふんわりルームブラの魅力
・独自構造で睡眠中も美バストをキープ
・パワーネットが胸を寄せ上げ
・フロントベルトでバストを寄せて谷間をメイク
・パッドがバストを包み込んで守る
・ノンワイヤーで着け心地が良い

■ふんわりルームブラはまとめ買いがオトク
ふんわりルームブラは公式サイトでのまとめ買いがオトク。2枚セットは1枚当たり5%オフ、3枚セットは1枚当たり10%オフです。

・単品購入:3,980円(税抜)
・2枚セット:7,562円(税抜)
・3枚セット:10,746円(税抜)

ふんわりルームブラ

¥4,298

販売サイトをチェック

鳩胸の人は猫背になりやすいと言われています。猫背になると、肩こりや腰痛などのトラブルにつながることもあるため、ストレッチやエクササイズで解消を目指してください。鳩胸が軽度の場合、猫背が解消されると、胸の状態も良くなるでしょう。