バストケアの専門サイト

基本知識

ブラはいつ捨てる?正しい捨て時と捨て方をご紹介!

By 深井麻実

ブラを捨てるタイミングや捨て方に悩んでいる女性は多いです。そこで今回は、ブラの捨て時や正しい捨て方などについてご紹介します。

ブラを捨てるタイミングは?

たくさんのブラ

「他人にバレないから古くなったブラを使い続けても大丈夫?」「まだ着けられそうなブラも買い替える必要があるの?」などとブラを捨てるタイミングには疑問が多いです。世間一般の女性はどのようなタイミングでブラを捨てているのでしょうか。

ブラを買い替える頻度

多くの女性は「半年に1回」もしくは「3か月に1回」の頻度でブラを買い替えているようです。しかし、頻度には個人差が大きく、「1か月に1回」ブラを買い替える人や「4年以上」同じブラを使い続けている人もいます。

ブラを捨てるタイミング

女性が「ブラを捨てよう」と思うのは、どんなタイミングなのでしょうか。

■サイズが変わったら
ダイエットや妊娠、出産などでバストのサイズが変わると、バストにブラがフィットしなくなります。フィットしないブラはバストをホールドできないので、体型が変化した時にブラを買い替える人は多いです。

■着け心地が悪くなったら
着け心地の悪いブラを着けていると、快適に過ごせません。そのため、ブラが緩くなったり、ワイヤーが体に食い込んだりした時にブラを買い替える人も少なくありません。

■見た目やデザインが気になったら
ブラの見た目がくたびれた時に買い替える人もいます。また、ファッションの好みが変わってブラのデザインが気に入らなくなった時にブラを捨てている人も多いです。

■セットのショーツを捨てたら
ショーツはブラと比べて寿命が短いです。そのため、セットのショーツが古くなったら、一緒にブラを捨てて新しい下着に買い替える人もいます。

古くなったブラを使い続けるデメリット

ブラを着けている女性

「お気に入りのブラはくたびれても使い続けたい」と思っている女性が多いです。しかし、古くなったブラを使っていると、さまざまなデメリットが引き起こされます。

古くなったブラを使い続けるデメリット【1】バストが垂れる

古くなったブラは十分にバストをホールドできません。ブラがバストをホールドしなければ、動いた時にバストが揺れて、クーパー靭帯がダメージを受ける可能性が高いです。

クーパー靭帯はバストを吊り上げる役割を担っています。バストが揺れてクーパー靭帯が伸びたり、切れたりすると、バストの脂肪が重力に負けて垂れていきます。胸が垂れれば、老けた印象になって、服もきれいに着こなせないでしょう。

なお、一度ダメージを受けたクーパー靭帯は修復されません。そのため、古いブラの影響で垂れた胸は元の形には戻らないです。

古くなったブラを使い続けるデメリット【2】バストがボリュームダウンする

バストの約9割を構成する脂肪は柔らかく、移動しやすい性質を持っています。よって、バストをホールドできない古いブラを使い続けていると、脂肪が移動してバストがボリュームダウンする危険性があります。

バストが小さくなると、女性らしく見えなくなったり、自分に自信を持てなくなったりするでしょう。

古くなったブラを使い続けるデメリット【3】脇や背中の脂肪が目立つ

バストから流れた脂肪は脇や背中に集まります。そのため、古いブラを使っていれば、脇や背中の贅肉が増えて、ブラと体に段差ができることが多いです。背中や脇に段差があると、Tシャツなどのトップスに響いてシルエットが美しく見えません。

古くなったブラを使い続けるデメリット【4】バストがきれいに見えない

古くなったブラはカップが変形していることが多いです。カップが変形していれば、バストの形を整えられないので、ブラを着けてもスタイルがきれいに見えません。

また、古いブラはアンダーバストを支える力も弱いです。アンダーバスト部分が弱くなっていると、脇や背中の脂肪を胸に集められないので、バストを盛るのが難しいでしょう。

正しいブラの捨て時は?

タンスから取り出されたブラ

ホックが取れたり、アンダーバスト部分が破れたりしないかぎり、古くなってもブラを使い続けられます。しかし、バストに悪影響を与えないためにもブラは適切なタイミングで買い替えるのがおすすめです。

正しいブラの捨て時【1】ブラにサインが表れたら

ブラを使い続けていると、少しずつ型崩れしたり、生地が薄くなったりしてきます。次のサインが表れたら、ブラの買い替えを検討しましょう。

■ストラップがずれる
着用時に長さを調整しても、頻繁にストラップがずり落ちてくる場合はアジャスターが故障しているかストラップの生地が伸びていると考えられます。

■カップの形が崩れた
ブラを着けてもバストがきれいに見えなかったり、カップ部分にシワやへこみがあったりする時はカップの形が崩れたと判断できます。

■アンダーバスト部分が傷んでいる
アンダーバスト部分の生地が伸びたり、薄くなっていたりする場合は、背中や脇の脂肪をサポートできなくなっている可能性が高いです。

■外見がくたびれた
生地が破れたり、縫製部分がほつれたりしている時や見た目がくたっとしている時はブラを捨てましょう。

正しいブラの捨て時【2】体に合わなくなったら

体に合わないブラは古いブラと同じようにしっかりとバストをホールドできません。使い続けていると、バストの下垂やボリュームダウン、型崩れなどが引き起こされるので、合わないブラは思い切って捨てるのがおすすめです。

■カップとバストがフィットしない
軽く体を動かした時に、カップとバストの間に隙間ができたり、カップから脂肪がはみ出したりするブラは合っていません。

■ズレる
両手を振り回した時やバンザイをした時に、動いたり、ずり上がったりするブラは体と合っていないと判断できます。

■揺れる
ジャンプしたり、歩いたりした時にバストが揺れる場合は、ブラがバストにフィットしていません。

正しいブラの捨て時【3】寿命を迎えたら

ブラに捨て時のサインが見られず、ブラと体がフィットしていても、長期間使い続けているブラには、何らかのトラブルが起こっている可能性があります。古くなったブラを使い続けて後悔しないためにも、寿命の迎えたブラは捨てるのがおすすめです。

■寿命の目安は100回の着用
ブラは約100回着用したら寿命を迎えると考えられています。捨て時のサインが見られなくても週に2回使っているブラは1年で買い替えるのが良いでしょう。

■使用回数の少ないブラも3年以上は使わない
1か月に1回程度しか使用しない勝負下着でも3年以上使い続けるのは避けましょう。使用回数が少なくても、購入後時間が経っているブラは生地やホック、ワイヤーなどの品質が劣化していると考えられます。

ブラの捨て方は?

ゴミ箱

「古くなったブラをどうやって捨てればいいかわからない」と困っている人も多いです。正しいブラの捨て方について確認してみましょう。

ブラの捨て方【1】分別後に新聞紙や袋で隠す

ブラに使われているワイヤーやホックは不燃ごみです。ブラを捨てる時はまず、はさみで生地を切ってワイヤーやホックを取り除き、分別しましょう。

ブラの本体は新聞紙に包んだり、色のついた袋に入れたりして、ブラであることがわからないように捨てるのがエチケットです。

ブラの捨て方【2】切り刻む

「見られるのが心配」「包むのが面倒臭い」などという場合は、ブラを切り刻んで捨てるのもおすすめです。切り刻めば、ブラだとはわからないので、見られたり、エチケット違反になったりする心配がありません。

切り刻んで捨てる場合も、ワイヤーとホックを取り除いて分別しましょう。

ブラの捨て方【3】リサイクルキャンペーンを利用する

下着メーカーなどでは、ブラのリサイクルキャンペーンが開催されていることがあります。ブラを下着店に持って行くと、無料で回収してもらえるので、下着の買い替えを検討している人はキャンペーン情報をチェックしてみてください。

新しいブラを買うなら「ふんわりルームブラ」


古くなったり、フィットしなくなったりしたブラを捨てたら、新しいブラをゲットしましょう。新しいブラをゲットしたい人には「ふんわりルームブラ」がおすすめです。

ふんわりルームブラとは?

ふんわりルームブラは湘南美容外科との共同開発で生まれたナイトブラ。累計販売数が100万枚を突破した大人気シリーズの商品で、最近はInstagram(インスタグラム)などのSNSや数々の女性誌で注目を集めています。

ふんわりルームブラの魅力

ふんわりルームブラは使用している人の満足度が高い商品です。ふんわりルームブラの魅力をチェックしてみましょう。

■寝ている間も美バストをキープする
寝ている間は重力の影響でバストの脂肪が脇や背中に流れやすいですが、ふんわりルームブラは独自の構造で理想のバストラインを守ります。

■脇や背中から脂肪を集めてバストアップ
プロによって考え抜かれたパワーネットが脇や背中の脂肪を集めてバストをボリュームアップ。実際にふんわりルームブラで3カップのバストアップに成功した人がいることからも効果を期待できます。

■バストの下垂を予防する
寝ている間は寝返りやうつ伏せ寝などでクーパー靭帯がダメージを受けやすいですが、ふんわりルームブラはパッドでバストを守るので、下垂の予防にも役立ちます。

また、バストを持ち上げる力も強いため、すでにバストが下垂した人からも「バストトップが上がった」という口コミが寄せられています。

■バストに良い成分が配合されている
生地には、巡りを良くするチタンや代謝をサポートするゲルマニウム、臭い対策に役立つ銀が配合されています。パワーネットとの相乗効果で理想のバストを目指せるでしょう。

■着け心地が良い
ふんわりルームブラは着け心地の良いノンワイヤータイプ。ワイヤーで締め付けられないので、睡眠が妨げられたり、苦痛を感じたりする心配がありません。また、肌に触れる部分はコットン100%でできているので、敏感肌の人でも安心して使えます。

■デザイン性が高い
ナイトブラはシンプルなものが多いですが、ふんわりルームブラはレースが使われた上品なデザインです。バストケアのために使うブラだとはバレにくいので、彼氏や友達との旅行でも抵抗なく使えます。

ふんわりルームブラはまとめ買いがお得

ふんわりルームブラは公式サイトでまとめ買いすると、お得な割引が適用されます。

・単品購入:3,980円(税抜)
・2枚セット:7,562円(税抜)※5%割引
・3枚セット:10,746円(税抜)※10%割引

ふんわりルームブラ

¥4,298

販売サイトをチェック

古くなったブラや体に合うブラを使い続けるのはおすすめできません。バストを守るためにも、いらないブラは捨てて新しいブラをゲットしましょう。