バストケアの専門サイト

基本知識

バストに優しいブラジャーを選ぶならノンワイヤーブラが良い理由

By 秋田まち

ワイヤーが入っていないことで、バストを無理に締め付けることがなく、着けていても痛みを感じにくいブラジャーがノンワイヤーブラです。日常のランジェリーブラとして使えるものから、リラックスして過ごしたい時間に使えるものもありますし、バストの張りが気になるときや授乳のときなど、シーンに合わせて種類は様々です。ノンワイヤーブラには具体的にどのような特徴があるのか、選ぶときの注意点などについてご紹介します。

ノンワイヤーブラとは?

いろいろなブラジャー

ノンワイヤーブラとして販売されているものには、様々なタイプのものがあります。例えば、縫い目がなく、シームレスで下着のラインが出にくいもの、ぱっと見ただけではワイヤー入りのブラジャーと区別がつきにくいくらい、オシャレでかわいいデザインのものなどです。

その中で共通していることは、ブラジャーにワイヤーが使われていないことです。以前はワイヤー入りのブラジャーよりも、バストを支える力が弱いためにバストが垂れやすいともいわれていました。

しかし、現在のノンワイヤーブラは、バストを支える機能性も強化されてきているので、ワイヤー入りのブラジャーよりは支える力が弱くても、まったく支えられないということはありません。

ノンワイヤーでもしっかりバストをサポートしてくれるものもありますし、肌に触れる部分の素材にこだわったものなどもありますので、自分が重視したい部分も加味して選ぶようにしましょう。

ノンワイヤーブラが人気の理由

下着で横たわる女性

スポーツする時にバストの揺れをがっちりとガードするスポーツブラもワイヤーが入っていません。そのためノンワイヤーブラのうちの1つともいえます。スポーツブラは、運動中にバストが揺れることや肩紐やカップがずれることを防ぎ、汗で蒸れたり乾きにくかったりすることに対するストレスを軽減させることを目的としています。

昼用のノンワイヤーブラの場合は、人が立った状態のときや座っている状態のときを想定して作られているため、ワイヤーは入っていませんがバストの形を美しくみせ、重力でお肉が下がらないようにしてくれます。

また、ナイトブラもワイヤーが使われていないため、ノンワイヤーブラに含まれます。ただし昼間のノンワイヤーブラとは異なり、横になって寝ている間の動きにも対応できるように、脇の幅を広く保ちバストを包み込む構造になっています。

それによって背中や脇にバストのお肉が流れないように、バストを正しい位置に固定させることができます。また、快適な睡眠の妨げにならないように、伸縮性に富んだ素材が使われているといった特徴もあります。

ノンワイヤーブラといっても、それぞれシーンに合わせて使うタイプは様々ですし、どのシーンでも快適さを重視して作られていることが人気の高い理由だといえるでしょう。

ノンワイヤーブラが人気の理由①ワイヤーがないため痛くない

バストが痛い女性

ワイヤーがあることで、毎日着けるブラジャーにストレスを感じる女性も少なくありません。なぜならアンダーバストや脇にワイヤーが食い込むことがあり、胸骨や肋骨にあたって痛みを感じてしまうからです。

また、ブラジャーを脱いでもワイヤーの跡が赤く残ったり、色素沈着してしまったりする場合もあります。

しかしノンワイヤーブラなら、見た目はオシャレでかわいいのでバストラインを自然に美しくみせてくれる上に、締め付け感がないことで楽に身体にもフィットします。

ノンワイヤーブラが人気の理由②着心地が良い

圧迫感や締め付け感がないことは、着け心地のよさに繋がります。しかもワイヤーのゆがみを気にすることもありませんので、無駄なストレスを抱える心配もありません。

ノンワイヤーブラの中には、24時間着けても大丈夫といったタイプのものもあります。ただし、夜用として楽に着けることができる設計もされていますので、昼用のブラジャーとして着けた場合、安定感や寄せ上げ効果などのホールド力が期待できない可能性もありますので注意しましょう。

ノンワイヤーブラを選ぶ時に注意したいこと

たくさんのブラジャー

ノンワイヤーブラは単にワイヤーが使われていないというわけではなく、シーンによって使い分けることができるように、いろいろなタイプのものがあることは理解できたでしょうか。

また、それ以外にも様々な特徴や違いがありますので、ノンワイヤーブラを選ぶときのために押さえておきたいポイントとしてご紹介します。

ノンワイヤーブラを選ぶ時の注意点①使用されている素材の伸縮性

ワイヤー入りブラジャーは、バストを美しくみせることを目的として作られているブラジャーですので、自分のバストサイズのワイヤー入りブラジャーを購入したとしても、バストに合っていない部分がある場合には、肌に食い込んだり浮いたりという問題が起きやすいです。

しかしノンワイヤーブラであれば、伸縮性のある素材によりバストを包み込むことができますので、たとえワイヤーがなくてもしっかりバストを支え、胸にフィットさせることができます。ノンワイヤーブラを選ぶときには、ブラジャーに使われている素材、サイドやカップの伸縮性などが高いもの選ぶとバストにフィットしやすくなります。

ノンワイヤーブラを選ぶ時の注意点②カップは薄くバストを優しく包み込むか

ワイヤー入りブラジャーよりもカップが薄いのもノンワイヤーブラの特徴です。ワイヤー入りブラジャーはバストメイクが目的ですので、カップも比較的厚くてバストをカップの形に合わせるように着けることが必要です。

しかしノンワイヤーブラの場合は、バストを自然に包み込んで守る形になっていますので、カップはできるだけ薄めのものを選ぶようにしましょう。

ノンワイヤーブラを選ぶ時の注意点③試着してフィット感を確認すること

ブラジャーを選ぶときには、まず自分のバストサイズを測ります。アンダーバストとバストトップの差でカップサイズが決まりますので、そのサイズに応じたブラジャーを選ぶことが一般的です。

しかしノンワイヤーブラの場合、サイズ展開がM、L、LLなどの場合が多いため、1つサイズを間違えてしまうと、自分のバストサイズに合っていないものを購入してしまう可能性があります。

確かにノンワイヤーブラは伸縮性がある素材が使われているため、ワイヤー入りブラジャーよりもおおまかなサイズで選ぶことができますが、フィット感など確認するために試着した上で決めるようにしましょう。

おすすめのノンワイヤーブラ

ノンワイヤーブラにもたくさんの種類や特徴があり、ワイヤーが使われていないという共通部分はあっても、使い心地も機能も違う様々な商品が存在します。

では実際にどのようなノンワイヤーブラがあるのか、いくつかご紹介しますのでブラジャー選びの参考にしてみてください。

おすすめのノンワイヤーブラ▶︎DHC 肩甲骨ノンワイヤーエイトブラ

オリジナルの8の字構造が採用されたノンワイヤーブラです。ほどよい力で背筋を伸ばすことができ、リラックスした状態で美しい姿勢を身に付けることができます。

太めで柔らかいテープが肩から背中へと沿っているので、肩が自然に引かれた状態となりバストが開いて正しい姿勢を意識することができます。

カップの裏には蒸れにくいメッシュ素材が使われていますので、吸水速乾にも優れています。

肩甲骨ノンワイヤーエイトブラ

¥2,613

販売サイトをチェック

おすすめのノンワイヤーブラ▶︎ピーチジョン シンプリュクスレーシィノンワイヤーブラ

特許出願中の新技術が採用されており、一体型のカップが心地よく肌にフィットします。

ワイヤーの代わりに布ループが挟み込まれているため軽い着け心地で、フロント全体に接着された繊細なレースがエレガントさを演出してくれます。

少し底が厚めのカップが、内向きと上向きの美しいバストに形を整えて谷間も作ってくれます。バストメイクもしっかりできるハイレベルなノンワイヤーブラといえるでしょう。

SALON by PEACHJOHN シンプリュクスレーシィノンワイヤーブラ

¥6,264

販売サイトをチェック

おすすめのノンワイヤーブラ▶︎フフ(fufu) 理想のノンワイヤーブラ 3/4カップブラ

繊細なストレッチラッセルレースが使われており、デザインにもこだわりが感じられるノンワイヤーブラです。

下カップからストラップへと繋がっているサイドの引き上げテープが、しっかりバストを引き上げることで脇にお肉が流れないようにガードします。

バストをふっくらと持ち上げて、丸みのあるバストを作り上げてくれるのに、食い込みにくい楽な着け心地が特徴です。

フフ(fufu) 理想のノンワイヤーブラ 3/4カップブラ

¥3,132

販売サイトをチェック

おすすめのノンワイヤーブラ▶︎もう離れ垂れへんブラ ノンワイヤーブラジャー

両側のバストが垂れている人でも、しっかり寄せて谷間を作ってくれる4枚接ぎ構造が採用されたノンワイヤーブラです。アンダー部分は5重構造になっているため、広がりがちなバストもすっきりと安定します。

肌ストレスの少ないマイクロモダールRを素材として使っていることで、肌触りも良く、昼夜問わず使うことができるなどシーンを選ばないのも特徴です。

もう離れ垂れへんブラ ノンワイヤーブラジャー

¥5,616

販売サイトをチェック

ノンワイヤーブラでバストアップしたいなら▶ダブルアップブラ

「バストが小さい」「バストが垂れてきた」「谷間がない」などとバストに関する悩みを抱えている女性は多いです。バストの悩みを解消したい人は、ノンワイヤーの【Resta Riage Double Up Bra レスタリアージュ ダブルアップブラ】を使ってみると良いでしょう。

ダブルアップブラとは?

【Resta Riage Double Up Bra レスタリアージュ ダブルアップブラ】とは、自分史上最強のバストに導くノンワイヤーブラです。シリーズの累計販売枚数が80万枚を突破した人気のブラジャーで、最近は雑誌や新聞に掲載されたり、インスタグラムで話題を集めたりしています。

ダブルアップブラの魅力

【Resta Riage Double Up Bra レスタリアージュ ダブルアップブラ】が人気を集める理由は何なのでしょうか。ダブルアップブラの魅力を確認してみましょう。

■バストアップ効果を期待できる
ダブルアップブラには脇から集めた脂肪を中央に寄せる構造が採用されているため、日常的にダブルアップブラを着用していると、バストアップを目指せます。

また、運動したり、寝転んだりしてもバストの脂肪が横流れしないように作られているため、バストのボリュームダウンの予防にも便利です。

■24時間いつでも使える
ノンワイヤーブラは昼用、夜用と使用できるタイミングが決まっているものもありますが、ダブルアップブラはいつでも着用可能です。

立っている時も寝ている時も、運動している時もバストをしっかりと支えてくれるため、いつでも美しいシルエットを保てて、バストのボリュームダウンを防げます。

■着け心地が良い
ワイヤー入りのブラジャーは締め付けや圧迫感を感じることがありますが、ダブルアップブラはノンワイヤーなので着け心地が良いです。寝ている間に着けても、苦しいと感じないため、睡眠を妨げられることもありません。

■内蔵パッドが谷間をキープ
「ノンワイヤーブラは谷間メイクが難しい」というイメージがありますが、ダブルアップブラは谷間メイクや谷間キープにも役立ちます。

内蔵されているパッドは下部に厚みがあり、バストを持ち上げて寄せてくれるので、バストが小さい人も離れ乳の人も谷間のある理想的なバストを手に入れられるしょう。内蔵パッドはバストの形を崩さない設計なので、着用中にバストが潰れてしまう心配もありません。

■背中の段差を予防してシルエット美人に
ダブルアップブラは背中や脇に付いている脂肪をバストに集めてくれるので、背中の段差を予防したい時にも便利です。背中に段差がなくなれば、Tシャツなどの薄めの洋服も美しく着こなせます。

■サイズ展開が豊富
ノンワイヤーブラのサイズはS、M、Lとサイズ表記されるものが多いですが、ダブルアップブラは一般的なブラジャーと同じようにサイズが表記されています。

A70からD70まで合計10サイズが展開されていて、カップサイズとアンダーバストで自分に合ったサイズを選べるため、フィット感があり、サイズ選びの失敗も少ないです。

ダブルアップブラの口コミ

・BカップからEカップまでバストアップに成功した
・下がっていたバストにボリュームが出た
・谷間ができました
・締め付け感がないので楽です!
・ストラップを付け替えられて便利

【Resta Riage Double Up Bra レスタリアージュ ダブルアップブラ】を着用した人の多くは、バストにボリュームが出たと感じているようです。また、着け心地が良く、さまざまなシーンに使えて便利だという口コミも目立ちます。

ダブルアップブラはこんな人におすすめ!

・谷間が欲しい
・バストをボリュームアップさせたい
・脇や背中の贅肉が気になる
・ブラジャーのワイヤーや圧迫感が苦手
・いつでも使えるノンワイヤーブラが欲しい

上のチェック項目に一つでも当てはまったらダブルアップブラを試してみるのがおすすめです。

ダブルアップブラはまとめ買いがお得

【Resta Riage Double Up Bra レスタリアージュ ダブルアップブラ】は公式サイトでまとめ買いをするのがお得です。

■2枚以上買うと送料が無料
単品でダブルアップブラを購入した場合、商品代金2,980円(税抜)に加えて送料650円(税抜)が必要ですが、2枚以上まとめて購入すると、送料が無料です。

■3枚以上買うとシームレスショーツがもらえる
ダブルアップブラを3枚以上まとめて買うと、伸縮性に優れていて、体にフィットするシームレスショーツがもらえます。

シームレスショーツは単品価格が1,200円(税抜)なので、ダブルアップブラを購入する時は3枚以上まとめ買いして、シームレスショーツをもらうのがおすすめです。

ダブルアップブラ

¥3,218

販売サイトをチェック

ノンワイヤーブラはワイヤーが使われていないことで、バストにかかる負担やストレスを軽減できる特徴があります。ワイヤーが肌に食い込んで痛みを感じる人などにはおすすめですし、下着のラインが出にくいため、薄着の季節にも着用しやすいです。ワイヤー入りブラジャーよりバストを下から支える力が弱いので、バストが垂れてしまうといわれることもあるようですが、ノンワイヤーでもしっかりバストを支えて谷間メイクできるタイプのものも販売されています。伸縮性やカップの厚みなど、同じノンワイヤーブラでも種類によって異なっていますし、サイズ展開もM~LLなどで表示されることが多いので、着け心地やフィット感を重視するためにも試着をしてから購入することをおすすめします。今回ご紹介したノンワイヤーのブラジャーはどれも着用しやすいブラジャーなので、ぜひチェックしてみてください。